• TOP
  • 国内
  • 坂口杏里 コロナでもホストに通う女性の気持ち「凄くわかる」

国内

2020.06.15 16:00  週刊ポスト

坂口杏里 コロナでもホストに通う女性の気持ち「凄くわかる」

飛沫が飛び交う3密状態(写真/AFP=時事)

「初回どうですか」──行きかう女性たちにキャッチが声をかける。有名ホストクラブが入るビルの下では、黒いマスクをしたホストの集団と若い女性たちが談笑している。6月8日、深夜の新宿・歌舞伎町の光景だ。

 東京都は6日、集団感染が確認されたうちの12人が同じホストクラブの従業員だったことを発表。歌舞伎町は「夜の街クラスター」の震源地となった。

 その後の歌舞伎町は、「歌舞伎町一番街」入り口周辺は人がまばらなものの、人気ホストクラブが並ぶ通称「ホスト通り」では、冒頭のようにコロナ禍以前とそう変わらない光景が繰り広げられていた。

 緊急事態宣言発令後、キャバクラやスナックなど、男性が通う「夜の店」は軒並み休業した。しかし、あるホストクラブ関係者は「うちは看板を暗くして営業しています」と声を潜める。この店のように、外からはわからないように営業を続けたホストクラブは多いという。

 それは「感染してもいいからホストクラブに通い続けたい」という女性たちがいるからだ。

「緊急事態宣言が出てからも歌舞伎町に通い続けた」というマユミさん(仮名・メンズエステ従業員・22)はこう話す。

「こんな時だからこそ、“担当(のホスト)”を助けてあげなきゃいけないと思ったんです。普段だったら、私よりお金を使う“姫(ホストクラブに通う客)”も、私より綺麗で華やかな姫もたくさんいる。でも、彼女たちは感染を避けてお店に来なくなる。そんな中で私が頑張れば、担当にとって特別になれると思ったんです。

関連記事

トピックス