ライフ

鉄道ファン500人が選ぶ「海沿いの絶景鉄道」全国11選

 眩く光る大海原を眺めながら、爽やかな潮風に吹かれて海岸線をひた走る──。四方を海に囲まれた日本だからこそ味わえる鉄道旅には、大パノラマの絶景を堪能できる醍醐味がある。鉄道ファン500人を対象に、「この夏に訪れてみたい海沿いの絶景鉄道」のアンケートを行なった。多くの鉄道ファンが挙げた全国の路線から、11か所の絶景ポイントを厳選。鉄道写真家が撮影した息をのむ光景が広がる。

 夏の臨時列車はいまだ見合わせや大幅縮小の傾向にあるが、7月1日にJR東海が新幹線の新車両「N700S量産車」を投入し、熊本地震で不通となっていた豊肥本線が8月に運行を再開するなど、鉄道ファンにとって明るいニュースも届き始めている。この夏はぜひ、「絶景鉄道」の車窓から広がる、圧巻の光景を目と心に刻んでいただきたい。

※『週刊ポスト』は今回、全国の成人男女500人にインターネットでアンケートを実施。「この夏訪れてみたい」「これまで訪れて印象に残った」海沿いの絶景鉄道5か所と、それぞれの理由を回答してもらった

【JR五能線(秋田)】「奇岩に打ち寄せる白波と日本海が広がる圧巻の光景」

五能線は絶景路線として名高い

 表情豊かな日本海の海岸線を眼下に、秋田県北部と青森県津軽地方とを結ぶ。快速「リゾートしらかみ」があきた白神駅から岩館駅へと向かう途中の第2小入川橋梁を疾走する。

「夕日がとてもきれいだった」──53歳・男性
「ほぼ全区間で海を望め、ほかとは別格の絶景」──48歳・女性

撮影■中井精也

【江ノ島電鉄(神奈川)】「湘南の海と富士山が雄大にコラボする」

「江ノ電」の愛称でおなじみ

「関東の駅百選」に選ばれた鎌倉高校前駅から七里ヶ浜駅までの間の海岸で見ることのできる絶景ポイント。江の島方向には運がよければ優麗な富士山が姿を見せる。

「壮大な太平洋が楽しめる」──47歳・男性
「ゆっくり走るから景色を楽しみやすい」──44歳・女性

撮影■中井精也

【JR指宿枕崎線(鹿児島)】「薩摩半島屈指の風光明媚な眺めを堪能する」

薩摩半島をのんびりと行く

 薩摩半島の南東部を走る路線の中でも、並走する国道226号より高い位置を走る瀬々串駅から平川駅にかけては、雄大な鹿児島湾を望む絶景ポイント。

「開聞岳が見えるところは特に素晴らしい」──51歳・男性
「錦江湾がとても綺麗でした」──42歳・女性

撮影■中井精也

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン