• TOP
  • 芸能
  • 渡部の不倫相手に電話した佐々木希 夫への愛がある証拠か

芸能

2020.06.19 16:00  女性セブン

渡部の不倫相手に電話した佐々木希 夫への愛がある証拠か

佐々木希には応援の声が

 複数の女性との不倫が報じられたアンジャッシュ・渡部建(47才)。妻・佐々木希(32才)がインスタグラムで謝罪をすると、ファンから応援のコメントが殺到した。しかし、なかには「あんな電話をするなんて」という声も紛れていた。

 それは佐々木が渡部の不倫相手にかけたとされる電話だ。『週刊文春』(6月11日発売号)によれば、佐々木はその電話で、相手女性に渡部と最後に会った日付を確認し、「あなた酷いですね」「嘘をついたら大変ですよ」と、いらだちをぶつけていたという。渡部をよく知る芸能ジャーナリストが話す。

「『週刊文春』は掲載前に、渡部さんサイドに記事の内容を伝えているはずですが、それはあくまでも概要だけ。渡部さんはどこまでが載って何が載らないのかわからないまま、佐々木さんにあいまいな説明をしてしまったのでしょう。当然、佐々木さんはその説明に不信感を抱き、相手の女性に電話をさせ、実際のところを聞き出そうとしたのではないでしょうか」

 可憐なルックスとは対照的に、佐々木にはかなり芯の強いところがあるという。

「佐々木さんはとにかく勝ち気。相当自信があるのでしょう。仕事の現場でも、同業の女性に自分が負けるわけがないという自負に溢れています。相手の女性と自ら話をしたのも、直接話をしてマウントを取りたいという思いもあったのではないでしょうか…」(ファッション誌編集者)

 このような場面になったとき、佐々木のような行動に出る人は少なくないという。夫の不倫を確信すると、相手の女性に刃を向ける妻は多いのだ。離婚・恋愛男女問題研究家の山崎世美子さんが言う。

「私が相談を受けた約2万人の女性の90%は、怒りの矛先を相手の女性にも向けます。電話や対面など、とにかく相手とコンタクトを取る人がほとんど。女性は不倫相手と夫の間に何があったのか、夫の方から誘ったのか、それとも誘われたのか、相手はどんな女性なのか、自分よりも勝っているのか劣っているのか、本当のことを知りたいのです。一方で、男性が妻に不倫されたとき、その怒りは直接妻にのみ向けられることが多いように思います」

関連記事

トピックス