• TOP
  • ライフ
  • 今さら聞けない!HIKAKINら人気YouTuberの再生No.1動画とは

ライフ

2020.06.22 16:00  女性セブン

今さら聞けない!HIKAKINら人気YouTuberの再生No.1動画とは

YouTuberといえば子供にも大人気のHIKAKIN(写真/時事通信社)

 おうち時間で子供と過ごす時間が増えて、気づいたらYouTubeばかり見ている…なんていう人も増えているのでは? 一方で、なんとなくYouTuberが人気なのは知っているけど、詳しいことはわからない…という人も多いはず。そこで、ぜひとも知っておきたい人気YouTuber4人について、ヒューマンビートボクサーDaichiさんに教えてもらいました。

【教えてくれたのは……】
ヒューマンビートボクサーDaichiさん/10才の頃から、独学でヒューマンビートボックスを始める。18才の頃、自宅で撮った動画をYouTubeにアップしたところ、全世界から注目を浴びる。自身もユーチューバーとして活動しておりチャンネル登録者数は約130万人。

Daichiさんのチャンネル登録者数は約130万人にのぼる(写真/本人提供)

◆HIKAKIN

 高校生の頃にユーチューブを始め、日本のYouTube界のトップに上り詰めたカリスマ的存在。小学生のみならず、ユーチューブを見ているひとなら知らない人を探す方が難しいほどの人気。

【人気のヒミツ】
「リアクション、説明上手、人柄のよさは言うまでもなく人気の秘訣! でも彼の本当のすごさは、ほかの誰よりも変化し続けること。ビートボックスを極め、商品紹介を極め、ゲーム実況を極め、次は何をやるのだろうとワクワクさせてくれるから、常に誰もが目を離せない存在です!」(Daichi)

【きっかけエピソード】
 マリオのテーマをヒューマンビートボックスで演奏した動画が最初の投稿。当時は、動画投稿だけでなく、上野駅近くのスーパーでアルバイトもして生計を立てていた。

【チャンネル内再生回数1位の動画】
『YouTubeテーマソング/ヒカキン&セイキン』のミュージックビデオは総再生回数が1億回を突破する最大のヒット作。380万人以上のチャンネル登録者数をもつHIKAKINの兄SEIKINも登場。

◆はじめしゃちょー

 自由をテーマに、常識にとらわれない発想の動画で小中学生に絶大な人気を誇っている。特に実験系の動画のスケールと金額が桁違い。それを表すように、動画『740人だるまさんが転んだ』で2015年10月にギネス世界記録を樹立。

【人気のヒミツ】
「ぶっ飛んだ企画、緩いトーク、軽快なカット編集は活動初期から随一! YouTubeだからこそできる面白さを追求しており、動画を見始めたら最後、何十本も彼の動画を見ていることでしょう。くだらないことを全力でやるスタイルをずっと貫いているのも魅力です」(Daichi)

【きっかけエピソード】
 2012年に新しいことで有名になりたいという理由で始めたが、最初はどれも13回再生ほどだった。当時の夢は英語教師になることで、そのためにイギリスに留学していた経験を持つ。

【チャンネル内再生回数1位の動画】
 はじめしゃちょーの人気コンテンツの1つである大食いシリーズ。その中でも人気なのが『世界最大級のグミを1人で食う!(多分)』。毎回、「今回はいける!」と豪語しながら食べきれないのがお決まり。

関連記事

トピックス