国内

百田尚樹氏『永遠の0』の26年前に書いた「幻の小説」

知られざる百田氏の若かりしころとは

 累計2000万部以上の部数を誇る小説家でありながら、SNSなどでの過激な発言で注目を集める百田尚樹氏。学生時代まで遡って取材すると、百田氏が「語ってこなかった過去」が明らかになった──百田氏を5時間半以上にわたって取材したノンフィクションライター・石戸諭氏がレポートする(文中敬称略)。

* * *
 関西テレビ界を代表する名物プロデューサーで、『探偵!ナイトスクープ』などの人気番組を手がけた朝日放送(ABC)の松本修は、百田と約40年にわたる親交がある人物だ。私が近著『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』の取材でインタビューすると、松本は学生時代の百田について忘れられないエピソードを教えてくれた。

 百田には、1980年当時から小説への憧れがあった。実際に1980年には講談社の文芸誌「群像」の新人文学賞に作品を応募し、1次選考を通過している。朝日放送の近くにあった「ホテルプラザ」のコーヒーショップで、松本は百田の応募作「古本屋」を読んでいる。

 作品の欠点をいくつか指摘すると、激昂したという。しかし、松本は意に介さずこう思っていた。

「小説の才能は間違いなくある。ずっと書き続けたほうがいい」

 百田が応募した1980年の受賞作は長谷川卓の「昼と夜」だったが、1次予選通過者として「群像」には、実際に「百田尚樹」の名前と作品名が掲載されている。小説部門の応募総数は1288篇であり、当時の最終選考委員は吉行淳之介、島尾敏雄、丸谷才一といった面々が名を連ねていた。

 当時の群像新人文学賞は、綺羅星の如き才能を生み出した文学界の一大拠点だった。1976年に村上龍が受賞作「限りなく透明に近いブルー」で文壇に衝撃を与え、百田が応募する前年1979年の受賞作は、村上春樹「風の歌を聴け」である。

 1981年には笙野頼子が「極楽」で受賞し、同年の長編小説部門は高橋源一郎が「さようなら、ギャングたち」でその名を刻んでいる。ちなみに1980年の評論部門には、法政大学でも教鞭を執った文芸批評家の川村湊、推理小説評論で名高い野崎六助の名前があった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン