国際情報

コロナ禍で痴話喧嘩、タワマン47階から包丁を投げた女の末路

すでに「売り」が優勢になっている中古タワマンも

コロナが夫婦関係に与える影響は小さくない(写真はイメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大が一段落したかに見える中国だが、現地ではいま感染警戒中に起きたさまざまな事件があらためて注目されている。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 コロナ禍のダメージが及ぶのは経済だけではない。生活環境が大きく変わることで人間関係にも深刻な影響が及ぶからだ。日本でもよく指摘されてことだが、対コロナの自粛生活では、あまりにも長い時間を狭い部屋で一緒に過ごしたことで夫婦仲がおかしくなるという現象が中国でも広く確認されている。

 中国南部のデジタルシティー・深圳市では、離婚するための手続きの順番待ちが、「1ヵ月待ちになった」(5月末の『大河報』)ことが話題を呼んだ。それほど離婚の申請が殺到したのである。

 人々が苛立てば、事件が増えるのも一つの道理だ。

 同じく5月には広東省の夕刊紙『羊城晩報』が一組のカップルの喧嘩が思わぬ問題へと発展した事件を報じている。タイトルは、〈ボーイフレンドのスマホを盗み見た女が激怒 40階のマンションの窓から包丁を投げる 176万元(約2700万円)の高級車に直撃〉である。

 タイトルを見れば話しの中身はおおよそ想像できるはずだ。要するに痴話喧嘩の末に激怒した女が包丁を手にボーイフレンドを追いかけまわした末の出来事だ。

 事件が発覚したのはボーイフレンドの通報である。包丁を持って追われた男は自分の部屋に逃げ込み警察に連絡した。女はドアに数撃包丁を突き立てたがその後は静かだったという。

 事件が妙な方向に進んだのは警察が現場に到着してからだ。警官が問題の包丁の所在を尋ねたところ、女は怒って外に投げたというのだ。マンションは正確には47階である。慌てて下に降りると、176万元の高級車の屋根の上に包丁が見つかった。もちろん車が無事であるはずもなくカップルには重い賠償が突き付けられたのだが、もし通行人がいたら、と考えたら、むしろ安い授業料だったのかもしれない。

関連記事

トピックス

降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
高橋ジョージ
《高橋ジョージが語るおひとりさま生活》「もうでっかい幸せは求めてない」離婚後に車4台処分してカーシェア生活の今
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の途中で退任もあるのか
巨人オーナー発言で原監督辞任に現実味 次期監督候補として阿部ヘッドより桑田ファーム総監督が有力視される理由
NEWSポストセブン
(EPA=時事)
重要閣僚の登竜門が軽量級大臣の指定席に…“警察大臣”国家公安委員長歴代の顔ぶれに見る「変化」
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
伊藤英明の舞台観劇後、スタッフに深々と頭を下げた(2023年9月)
【独占】木村拓哉、後輩たちと交流重ねる「フランクに話せる場を」メッセージアプリでグループを作成
女性セブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
繁華街を走る路線バス(イメージ、時事通信フォト)
すでに運転士が1万人不足 路線廃止が続くと予想されるバスは「公営にするしかない」のか
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
ファンからも厳しい声が多い(写真/共同通信社)
【治らなかったマシンガン継投】2年連続Bクラス目前の巨人「原監督続投なら暗黒時代突入」の懸念
NEWSポストセブン