芸能

24時間テレビのメイン・NEWS増田貴久「動き出すきっかけに」

『24 時間テレビ』の開催を決めた日本テレビ

 コロナ禍のいまだからこそ、できることを──。番組の放送が危ぶまれる中、世の中の困っている方々の役に立つという番組の趣旨に立ち返り、今年も開催されることになった日本テレビ系『24時間テレビ43 愛は地球を救う』(8月22日、23日放送)。ジャニーズの5グループから選抜で選ばれたメインパーソナリティーを中心に、「動く」をテーマに掲げて走り始めた。無観客、恒例のマラソン企画はなしと、いままでとは違う形式の中、世代もグループも超えて集まった5人の表情は決意に満ちていた。

 そこで、5人のメインパーソナリティーの意気込みを紹介する。

■井ノ原快彦(V6・44才)
 キャプテンを務めさせていただくこととなりました。ぼくが物心ついた頃には、24時間テレビは当たり前のように毎年やっていました。面白いのは、年代とともに、見方が変わってきて、40代になってみると頑張っている人を見ると泣けてくるんです(笑い)。(今回は)20代、30代、40代とグループの垣根を越えて集まったわけなんですけど、それぞれのリアルな気持ちをぶつけていけたらなと思います。

■増田貴久(NEWS・34才)
 井ノ原さんと同じく3回目のメインパーソナリティーを務めさせていただきます。外出自粛で家にいるときに、自分に何ができるんだろう、どんなことをすれば誰かがよろこんでくれるんだろう…ということを常に考えて生活していました。改めて、動き出す勇気というか、そういうきっかけになる番組にできたらいいなと思っております。

■北山宏光(Kis-My-Ft2・34才)
 テーマが「動く」ということですけど、動けないからこそ、みんなで動くそのピースのひとつになれたらいいなと思っています。エンターテインメントの力を信じて、テレビを通して発信していけることをうれしく思っていますし、(ジャニー喜多川)社長が言っていた「Show must go on」というのも、こういう形でもできるな…ということをものすごく感じております。

■重岡大毅(ジャニーズWEST・27才)
 この5人でというのは、ジャニーズファミリーのチーム感、絆みたいなものを強く感じています。テーマが「動く」ですけど、ぼくもいろいろ工夫して、動け出せたらなという気持ちです。ずっとテレビで24時間テレビを見させてもらっていて、すごく温かい番組だなと感じてたんです。はじめての参加ですけど、自分なりに温かさというのを感じながら、このチームで何かをさせていただけたらいいなと思ってます。

■岸優太(King & Prince・24才)
 先輩がたと出られるということで、今回、勉強させていただく思いでいます。King & Princeとして選抜されてきていますので、自分なりにまたグループに還元したいです。『24時間テレビ』を通して、いろんなことを学んで、人としても成長していきたいと心の底から思ってます。メンバーも自分のことのように今回のことを喜んでくれて、グループ愛を感じました。

※女性セブン2020年7月23日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン