国際情報

香港「国家安全法」導入で思い知るトウ小平が残した難題

大前研一氏は香港をどう見る

 国家安全法が香港に導入され、国際社会はますます中国との付き合い方が難しくなっている。香港の混乱は単なる中国の横暴なのか、一国二制度を中国はどのように捉えているのか。経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。

 * * *
 7月1日で香港返還から丸23年が経過した。

 それに先立ち、中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)は、香港に対し反政府活動を禁止する「国家安全維持法」を導入する方針を圧倒的多数で可決。6月末に同法は全人代常務委員会で制定され、香港立法会の審議を経ることなく施行された。だが、香港における言論・報道・出版の自由、集会やデモの自由、信教の自由などが制限される可能性があるため、民主派の市民は香港の「高度な自治」を保障した「一国二制度」と「港人治港」(「香港人が香港を治める」という意味)の崩壊だとして強く反発している。

 しかし、誤解を恐れずに言えば、中国政府にとって香港に対する国家安全維持法の制定は必然である。

 中国政府が国家安全維持法の導入を強行した背景には「香港基本法第23条」問題がある。周知の通り、香港は1984年の英中共同声明に基づいて1997年に中国に返還された。同声明は、中国は香港で社会主義の制度と政策を実施せず、外交と防衛を除いて香港に大幅な自治権を与え、資本主義制度と生活様式も50年間変えない、と定めた。それが一国二制度だ。

 この方針は1990年の全人代で採択された香港基本法に引き継がれたが、その一方で同法23条は「国家反逆、国家分裂、反乱扇動などの国家安全を脅かす行為と外国政治組織・団体の活動および関係樹立を禁止する法律を香港が自ら制定しなければならない」と規定している。しかし、それに対する香港市民の反対は根強く、いまだに実現していない。このままでは反政府行動を合法的に抑え込むことが難しいため、中国政府は国家安全維持法の導入に踏み切ったのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン