• TOP
  • 芸能
  • キムタク『BG』には『相棒』並みのシリーズ化を期待したい

芸能

2020.07.29 16:00  NEWSポストセブン

キムタク『BG』には『相棒』並みのシリーズ化を期待したい

BGキムタクの“相棒”として活躍の斎藤工(時事通信フォト)

 筋金入りのドラマオタクを自認するエッセイストの小林久乃氏が、間もなく最終回を迎えるテレビ朝日の木曜ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(21時〜)第2章の魅力を分析する。

 * * *
 7月30日に『BG〜身辺警護人〜(以下、BG)』が最終回を迎える。コロナ騒動によってガッタガタになってしまった放送スケジュール。おそらくもっと脚本はあったと思うけれど、全7回で終了となってしまった。

 どこまでを“今クール”と呼んでいいのか、皆目検討がつかない現在の日本のドラマ。2020年の春からスタートする予定だったラインナップから考えると、本稿執筆の7月24日現在、私の中では『BG』がNo.1に面白い。その理由をいくつか並べて“BG愛”を語ってみよう。

主演・木村拓哉の演技が引き立つフォーメーション

 まずは『BG』のあらすじを。

『日ノ出警備保障』に属して、チームの一員として警備の仕事をする島崎章(木村拓哉)。会社がIT企業に買収され、新しく就任した社長・劉光明(仲村トオル)と意見が合わず、退社をして独立。同じ頃、チームの一員だった高梨雅也(斎藤工)も島崎の元で働くことを決める。独立後も何かと関わりを見せてくる劉。そしてついに警察から追われる身となった劉が、島崎を利用しようと直接近づいてくる──。

 2018年に第1章が放送され、今回は第2章。まず何かいいかといえば、シンプルになったキャスティングが良かった。何十年も芸能界のトップを牽引してきた木村拓哉が主演となれば、他のキャストにも並々ならぬ気遣いをする(はず)。第1章には江口洋介、石田ゆり子、山口智子、上川隆也……とまるで90年代のトレンディドラマが1作品ほど、そのまま引っ越してきたのかと見間違うほどの豪華な顔ぶれが揃っていた。

関連記事

トピックス