• TOP
  • 芸能
  • 長瀬智也、キャリアやデートから振り返るワイルドで優しい姿

芸能

2020.07.30 16:00  女性セブン

長瀬智也、キャリアやデートから振り返るワイルドで優しい姿

 私が特に好きだったのはドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)、『泣くな、はらちゃん』(同)。映画では、『空飛ぶタイヤ』。つい先日も見返したばかりです。こうして並べてみると、いかに硬軟どちらもやれる役者さんであるかがわかりますよね。

 後輩に慕われ、先輩からはかわいがられてきた理由は、やさしくて男気に溢れる人柄だからにほかなりません。私が忘れられないのは、『ジャニーズカウントダウン2016-2017』でのこと。フジテレビでの中継が終了した後、まずは岡本健一クン(51才)が「センキュー、SMAP!」と口火を切り(SMAPは2016年末付で解散)、続いて井ノ原快彦クン(44才)も同様に叫び、今井翼クン(38才)が「ありがとう、SMAP!」とコーフン気味に絶叫したのです。

ステージに立っていたグループすべての挨拶が終わると、長瀬クンが「あの、最後にSMAPに拍手を送ろう!」と会場を埋め尽くしたファンの皆さんに促したのです。もちろん満場一致で割れんばかりの拍手がおこると、長瀬クンは「もっと! もっと!」と煽ってくれました。そのカウコンでの「シャッフルメドレー」でも長瀬クンは森田剛クン(41才)らと『オリジナル スマイル』を歌唱。年越しのモヤモヤが長瀬クンのおかげで少し晴れた気がしました。

◆交際のウワサがあった女優さんとのドライブデートを目撃

 プライベートでは、バイクやクルマに乗っていらっしゃるところを本当によくお見かけしました。出没先が似ていたんですかね、なんでこんなに“目撃”してしまうんだろうというぐらいだったのです。

 長瀬クンをいちばんに見つけるのではなく、革ジャンがお似合いになるカッコイイ男性たちに目を奪われた後、中心に長瀬クンがいらっしゃるのを確認したことも。さらにはクルマで隣に座っていらっしゃる女性(当時、ウワサになっていた女優さんです)から逆算して、「あ、長瀬クンだ」とわかったときもありました。

 いまでも目に浮かびます。助手席に乗っている女性が顔の向きを90度に曲げて、ウットリしながら運転席の長瀬クンを見つめていたのです。ナマ長瀬クンは本当にワイルドでセクシーで、時折、彼女を見つめる眼差しがハンパなくやさしかったです。信号待ちで隣になったからといって、私は脇見しすぎましたね(笑い)。

 今回、スポーツ紙の担当記者さんらの取材に答えた城島茂社長(49才)と、国分太一副社長(45才)、松岡昌宏副社長(43才)のコメントから、株式会社TOKIOの今後や、彼らが示した長瀬クンの将来について、私なりに見えてきたことがあります。

 それは、彼らはTOKIOというグループ名と存在を守っただけでなく、TOKIOの楽曲も歌えるような確約をとったのではないかと。

関連記事

トピックス