芸能

コロナによる外出自粛でブレイクした「第4次韓流ブーム」

“いま最も注目されるガールズグループ”といわれる『NiziU』

 いま、日本は「第4次韓流ブーム」に沸いている。火付け役となったのがドラマ『愛の不時着』と『梨泰院(イテウォン)クラス』で、ブームの決定打になったのがK-POPアイドルのオーディションに密着した『Nizi Project』といわれる。新型コロナウイルス感染拡大によって外出を制限され、テレビはもちろん、NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスを見る時間が増えたことが追い風となった。

「韓流のことはよくわからない」という人でも、約15年前に社会現象を巻き起こした「ヨン様ブーム」は覚えているだろう。“微笑みの貴公子”が“おばさま”たちのハートを鷲掴みにしたあの当時が「第1次韓流ブーム」と呼ばれ、衰退と新たなスターの登場を繰り返しながら韓流ブームは形を変えてきた。

「スポーツソウル」日本版編集長を務める慎武宏さんは言う。

「最初に『冬のソナタ』でぺ・ヨンジュンがブレークしたとき、ちょうど日本では多摩川(東京)に出現したアザラシのタマちゃんが流行っていた。ぼくは正直、韓流ブームもタマちゃんのように一過性で終わると思っていましたが、続いて『宮廷女官チャングムの誓い』などのドラマが人気になって、東方神起などのアイドルグループも登場した。2012年に李明博大統領(当時)が竹島に上陸する騒動が起こると、一気に『嫌韓』が台頭しブームが冷え込みましたが、結局、見事にV字回復したことに驚きを隠せません」

 ヨン様ブームの時代から韓流を追いかけ続ける「韓国ウオッチャー」の児玉愛子さんは、この十数年で韓流ファンを取り巻く環境は大きく変わったと話す。

「『冬ソナ』時代は情報を集めるために韓流雑誌を買っていましたが、インターネットやSNSの普及で新しい情報を手軽に集めることができるようになりました。レンタルショップにDVDを借りに行かなくても配信サイトで気軽に楽しめますし、幅広い年齢の人がコンテンツに触れられるように変化を遂げました」

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン