『冬ソナ』の俳優ペ・ヨンジュンをはじめ、韓流スターたちが来日するたび空港にファンと報道陣が押し寄せた

 かつては“おばさま”たちのものだった韓流は、ブームを繰り返すごとに新たな世代のファンを獲得していく。ドラマ『美男≪イケメン≫ですね』は10~20代に人気を博し、主演のチャン・グンソクのブレークとともに「第2次ブーム(2010~2011年頃)」が到来。東京・新大久保のコリアンタウンが韓流ファンの「聖地」と化し、「グンちゃんグッズ」が飛ぶように売れた。東方神起や少女時代、KARAなどの活躍もあり、休日には3万人以上の韓流ファンが殺到。地価は2倍以上に跳ね上がった。

 日本のテレビ局も過熱する韓流ブームを見過ごさず、フジテレビでは「韓流α」という韓国ドラマ枠もできたが、その状況に対し日本の若手俳優が《8(チャンネル)は今マジで見ない》と批判ツイートをしたことを機に、フジテレビ前で嫌韓デモも起きた。

 2014年には新大久保の客足が全盛期の4分の1まで減少。一方、若者世代の韓国カルチャーへの関心は高まり続け、韓国語で「美少女」を意味する「オルチャン」スタイルが大流行した。日韓国交正常化50周年を迎えた2015年からの「第3次ブーム」も、若者がBTSやTWICEを支持したことが発端になった。芸能界きっての韓国エンタメオタクであるお笑いコンビ・スクールゾーンの橋本稜はこう話す。

「第3次ブーム以降は芸能だけでなく、食べ物や化粧品などさまざまなジャンルにブームが波及しました。新大久保でお気に入りの韓国料理店を見つけて、いつか韓国の本店へ行こうと胸を躍らせる人が増えたんです」

 BTSの世界的活躍とともに加速した第3次ブームは、コロナ禍によって「第4次」へと移行する。

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン