• TOP
  • 芸能
  • 検証『笑点』、リモート大喜利で“好楽のドヤ顔”が消えたワケ

芸能

2020.08.09 16:00  NEWSポストセブン

検証『笑点』、リモート大喜利で“好楽のドヤ顔”が消えたワケ

『笑点』がリモート収録になって三遊亭好楽(後列左から2番め)に異変が?(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、テレビ界にも大きな影響を与えている。54年も続く長寿番組『笑点』(日本テレビ系)は3月22日放送分を最後に公開収録を中断。名物コーナー『大喜利』は無観客を経て、5月24日放送分からリモート出演に切り替わった。7月26日放送分からは通常のセットに戻ったが、司会の春風亭昇太、林家たい平以外の出演者はリモートのままだった。

 これが、ピンクの着物を羽織る三遊亭好楽に微妙な変化を与えているという。笑点研究家で好楽のドヤ顔ウォッチャーでもあるライターの岡野誠氏が、データをもとに考察する。

 * * *
 三遊亭小遊三は盗人、林家木久扇はおバカ、林家三平はつまらない、三遊亭円楽は腹黒、林家たい平はアクション……『笑点』メンバーには、それぞれキャラクターがある。中でも、三遊亭好楽はケチや暇、落語うろ覚えに加えて“ドヤ顔”という特異な顔芸を持つ出演者だ。

 あのレイザーラモンRGもマネしている好楽の“ドヤ顔”とは何か。公式本『笑点五〇年史1966-2016』(ぴあMOOK)には、事細かに説明されている。

〈斜めにあごを引き、上目遣いでカメラを見据える──。好楽が回答したあとに見せるドヤ顔。かつては「どうや?」という感じもするが、最近では不適な笑みさえ浮かべてドヤ顔していることも〉

 つまり、好楽のドヤ顔の条件には【1】斜めに顔を向ける、【2】あごを引く、【3】上目遣いでカメラ目線、の3つがあるわけだ。

関連記事

トピックス