国内

ヤクザの食事 親分の「無理メシ」が独特のタテ社会を作る

共に食卓を囲んで料理を奨められたら

 新型コロナの新規感染者数増加が止まらない。それを受け、大阪府では「5人以上の会食自粛」が呼び掛けられ、飲食店の営業時間短縮や自粛を再び要請する自治体も出てきた。食事の場で人が集まることが、どんどん難しくなっている。

 影響はヤクザの世界にも及んでいる。巨大な組織力を誇る指定暴力団・六代目山口組(司忍組長)では全国の直系組長が揃う定例会などの会合を休止し、一部の組では組事務所を閉鎖したという。また、多数の構成員を抱え関東最大の指定暴力団である住吉会(関功会長)も2月以降は定例会を休止したままだ。

 伝統的な組では、「部屋住み」と呼ばれる駆け出し時期に組事務所で寝泊まりもするヤクザ社会。人間関係は密接だ。会食のリスクが取り沙汰される中、裏社会や暴力団の取材を続け、『ヤクザ500人とメシを食いました!』の著書があるフリーライターの鈴木智彦氏は、ヤクザの組織における食事の重要性について、こう明かす。

「ヤクザの親分たちのお決まりの挨拶は、『どうだ、飯食ったか』です。戦中派の親分たちは特にそうでした。そして『まだ』と答えれば必ず食事に連れていってくれます。文字通り、仕事がない状態を”飯が食えない”と表現するように、満腹感は幸福に直結している。口先だけではなく、あなたを思い遣っているという意思表示、アピールなんだと思います。」

 ヤクザの食事には、彼ら独特の筋や掟、タテ社会の不文律が見事に反映されている。

「親分のお付きの若い衆たちはメシを食える時間がとれない時も多いため、時間が空いたらコンビニなどに寄り、おにぎりやサンドイッチを食べる。にもかわらず、親分に呼ばれれば食事に同席せねばならない。ヤクザ社会では親分の命令が絶対です。若い衆は、親分に勧められた食事をすべて完食せねばなりません。満腹でも『ノー』と言うことは許されない。そのため運転手やボディガードになった若い衆は、みるみる太っていきます。これを通称”ヤクザの無理メシ”と呼びます。『無理メシ』をかっ込む若い衆を、親分たちは嬉しそうに見ていることが多い。貧困家庭に育った人が多いからかもしれません」(鈴木氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン