芸能

渡哲也さん 山口百恵の“最後のマイク”贈られた、その行方

渡さんと百恵さんの意外な縁が明らかに

 8月10日、肺炎のために亡くなった渡哲也さん(享年78)。かつては、吉永小百合(75才)や、浅丘ルリ子(80才)、十朱幸代(77才)との浮名が立ち、ほかの女優や歌手が好きな俳優として渡さんの名前をあげることも多かった。1970年代後半から1980年代前半には、週刊誌が“女性支持率ナンバー1”ともてはやすほどの渡フィーバーが巻き起こっていたのだ。

 しかし一方で、昭和の歌姫・山口百恵さん(61才)との意外な関係性が世間で騒がれることはこれまでなかった。

「百恵さんと渡さんは恋仲ではないんですけどね。実は、三浦友和さん(68才)と家族ぐるみのつきあいをしていたんですよ」

 とは、渡さんの知人男性。

「渡さんと三浦さんは『西部警察』での共演をきっかけに親しくなって、両方の家を行き来する仲のよさでした。石原裕次郎さんのハワイの別荘に三浦さんと百恵さんが訪れて、石原軍団に歓待されたこともありました」(知人男性)

 百恵さんと渡さんの親交の深さを証明するのが“あのマイク”だ。

 1980年10月5日、かすみ草で髪を飾り、白いドレスを着た百恵さんが『さよならの向う側』を歌い終え、日本武道館のステージ中央に静かに置いた白いマイク。このマイクが、後に渡さんの手に握られたのだ。

「翌年のクリスマスに渡さんの自宅で開かれたクリスマスパーティーに参加した百恵さんが、クリスマスプレゼントとして、伝説となったマイクを贈ったんですよ。そこには《もう私には必要ありませんが、渡さんがいつかステージで歌われるときにどうか使ってください》という手紙が添えられていたそうです」(前出・知人男性)

 その願いを、渡さんは7年後に叶える。1988年末に大阪で開催した渡さんにとって初めてのディナーショーで、そのマイクを手に、前年に故人となっていた裕次郎さんの曲などを熱唱したのだ。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン