妻・俊子さんとのショット

「この頃は、石原プロが揺れていてね。後進を育てて事務所を存続させるべきとする意見と、もう解散すべきという意見に割れて、団結力が弱まっていた。渡さんの役員復帰は、鉄の結束の再建という意味で必要不可欠な要素だったのです。

 闘病中で体がきつい中、渡さんはまき子さんの頼みを聞き入れる形で復帰した。いくら渡さんの決断に付いていく俊子さんでも“あんまりだ…”という思いはあったはずです」(映画関係者)

 持病の肺気腫が悪化し、風邪をひくだけで命に危険が及ぶ状況だった頃の話である。それでも、自分の目の黒いうちに石原プロの看板をお返ししたいと、会社の清算についての陣頭指揮を執ってきた渡さんだったが、8月10日に帰らぬ人となってしまった。

「渡さんが自分の体調も顧みず事務所の運営に苦心する姿を、俊子さんはずっとそばで見てきた。一方のまき子さんは経営者としては名前だけで、亡き小林(正彦)専務や、渡さんにお任せでした。裕次郎さんのことは私がいちばん知っているという自負が原動力みたいな人でね。

 裕次郎さんへの情愛ゆえだと思うけど、渡さんが方針を変えようとすると、NOとは言わないけど、よい感情を持っていない、そういう空気は常にあった。まき子さんと渡さんの関係も、すべてがうまくいっていたわけではなかったんです」(渡さんの知人男性)

 そんな状況を知っていたからこそ俊子さんは、渡さんの密葬に石原プロ関係者を極力呼ばなかったのかもしれない。

「残された時間を家族のために使ってほしいと願っていた俊子さんは、せめて亡くなってからの時間だけでも『誰にも邪魔されたくない』と思ったのではないか。無言を貫いているまき子さんは、そんな俊子さんの考えを尊重したゆえの行動なのかもしれません。『静かに送ってほしい』というのは渡さんの遺志ですが、俊子さんの意志でもあるのです」(前出・知人男性)

 裕次郎さんと渡さんの関係性はたびたび、太陽と月に例えられてきた。それぞれの引力に強く惹きつけられてきた2人の女性のあいだには、その強さだけの距離が開いているのかもしれない。

※女性セブン2020年9月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン