ライフ

【著者に訊け】田中ひかる氏 明治を生きた男装の女医の物語

田中ひかるさんが新作を語る

【著者に訊け】田中ひかる氏/『明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語』/中央公論新社/1800円+税

 それは御一新とは名ばかりの封建的体質や前例至上主義に風穴を開ける、〈直談判〉の歴史でもあった。田中ひかる著『明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語』は、荻野吟子、生澤久野に続く、日本で三人目の公許女医・高橋瑞の生涯を中心に、近代医制の歩みや時代の空気までも活写した、小説仕立ての群像劇である。

 著者・田中氏は『月経と犯罪』『生理用品の社会史』といった著作もあるように、女性が女性であるがゆえに社会的、歴史的にどう扱われてきたかが主な研究領域だ。その点、女性は医学校に入ることすら許されない中、相次ぐ陳情や直談判によって自ら道を切り開いた瑞たちの行動は、なるほど快挙以外の何物でもない。それにしてもなぜ一人目ではなく、三人目の女医をテーマにしたのか?

「えっ、こんな人がいたんだと驚くくらい、私には瑞(みず)の人生がピンポイントに面白かったんです。もちろん吟子や久野や、四人目の女医・本多銓子の人生もそれぞれ個性的なので、本書でも結構ページを割きました。でも特に瑞の場合は医者になってからの記録しかなく、なぜ三河出身の彼女が群馬にいたのかなど、前半生が謎だらけだったのです。

 そんな史料的に部分しか残っていない瑞の全体像や人間像を、今回はできれば若い人にも読んでほしいと思い、小説仕立てにしました。それこそ吟子は小説 (渡辺淳一『花埋み』)や映画(『一粒の麦』)にもなっているのに、瑞の場合は正式な記録のある功績すら、ほぼ知られていないので」

関連キーワード

関連記事

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン