スポーツ

宇野昌磨がYouTube始めた理由を語る「自分も貢献したい」

スポーツ界のトップとeスポーツ界のトップが座談会(画像はYouTubeより)

 フィギュアスケート平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨は、実は自他ともに認める大の「ゲーム好き」だ。シーズン入り直前の今年8月には、多くのプロゲーマーとオンライン上で任天堂の大人気格闘ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(以下スマブラ)』で対戦してプロ顔負けの腕前を見せたり、ゲームについての熱い思いをトーク企画で語ったりした。

 今回、宇野のゲームに対する熱い思いや知られざる私生活を語ってもらうべく、彼が「最も好きなプレイヤー」として名を挙げたスマブラプレイヤー・しょーぐん氏との対談を企画。『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』の著者でウェルプレイド所属プロゲーマー・すいのこ氏が話を聞いた。

 * * *
すいのこ:始めまして、ウェルプレイド所属のすいのこです。

しょーぐん:スマブラプレイヤーのしょーぐんです。現在はフリーエージェントですが、昨年までGameWithに所属して活動していました。

宇野昌磨:フィギュアスケーター……ですが、今日は“スマブラプレイヤー“の宇野昌磨です。よろしくお願いします。

すいのこ:いやいや、大抵の方よりも相当熱心なスマブラプレイヤーですよね (笑)。今回の対談企画の経緯ですが、6月にYouTubeで生放送された『ケプトの定時退社』を皮切りに、様々なスマブラプレイヤーと共演していまして、私も宇野さんと企画でご一緒させていただいたのをきっかけに対談をやろうという話になりました。せっかくだから、宇野さんが喋ってみたいプレイヤーを呼ぼうということで、宇野さんが一番好きなプレイヤーと語ったしょーぐんさんを今回お呼びしました。

しょーぐん:ありがたいですね。改めてよろしくお願いします。元々スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートも観ていました。羽生結弦選手に続く新たな若手が台頭してきているって形で宇野さんがテレビで紹介されているのを見て知りました。

すいのこ:僕もそんな感じかも。宇野さんはどういうきっかけでしょーぐんさんを知ったんですか?

宇野:『スマブラハウス』というYouTubeチャンネルにしょーぐんさんがゲストで出演された時に、しょーぐんさんが使用するスネークというファイターについて解説する回の動画を観たのがきっかけでした。

 そこから色々な動画を見はじめて、たくさんのプレイヤーのことを知っていく中で、気付いたら一番応援したいと思えるようになったのがしょーぐんさんでした。雰囲気とか言葉の使いまわし、物事の考え方が面白いし好きだなって思いました。

すいのこ:どこか感性で似ている部分があるのかもしれないですね。

スケートを「やりたくなった瞬間」

しょーぐん:宇野さんが最近開設されたYouTubeチャンネル(宇野昌磨アップロードチャンネル)で、ご自身の練習動画を見直すって動画を投稿していたじゃないですか。その中でもちょっとしたボケをしていましたが、ふざけてるのか真面目なのか絶妙に分かりづらいボケをするのは自分とちょっと似てるなって感じました。

宇野:確かに結構そういうの好きでやりますね(笑)。

すいのこ:今話題に上がった宇野さんのYouTubeチャンネルについて、今年の7月に開設したわけですが、どういった経緯で開設に至ったんでしょう?

関連キーワード

関連記事

トピックス

降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
高橋ジョージ
《高橋ジョージが語るおひとりさま生活》「もうでっかい幸せは求めてない」離婚後に車4台処分してカーシェア生活の今
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の途中で退任もあるのか
巨人オーナー発言で原監督辞任に現実味 次期監督候補として阿部ヘッドより桑田ファーム総監督が有力視される理由
NEWSポストセブン
(EPA=時事)
重要閣僚の登竜門が軽量級大臣の指定席に…“警察大臣”国家公安委員長歴代の顔ぶれに見る「変化」
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
伊藤英明の舞台観劇後、スタッフに深々と頭を下げた(2023年9月)
【独占】木村拓哉、後輩たちと交流重ねる「フランクに話せる場を」メッセージアプリでグループを作成
女性セブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
繁華街を走る路線バス(イメージ、時事通信フォト)
すでに運転士が1万人不足 路線廃止が続くと予想されるバスは「公営にするしかない」のか
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
ファンからも厳しい声が多い(写真/共同通信社)
【治らなかったマシンガン継投】2年連続Bクラス目前の巨人「原監督続投なら暗黒時代突入」の懸念
NEWSポストセブン