• TOP
  • 国際情報
  • アメリカの「コロナ自己破産」票がトランプに流れるカラクリ

国際情報

2020.09.07 07:00  NEWSポストセブン

アメリカの「コロナ自己破産」票がトランプに流れるカラクリ

アメリカの失業者は増え続けている(EPA=時事)

「トランプは実業家だ。金の価値をよく知っている。自分の事業で倒産も何回も経験している。大統領候補の罵り合いなんか私には一切響かない。トランプがコロナを中国のせいにし、デモ隊の暴動をオバマのせいにしても、どっちも私の生活には全く関係ない話だ。ただ一点、トランプはバイデンより仕事を作ってくれるという点で役に立ちそうだ」(B氏)

 庶民の雇用を守るのは、民主党の伝統的な政策である。その支持層のなかで、金持ち優先政策をとってきたトランプ政権や共和党への期待が膨らんでいる。逆に直近では、ある程度カネを持っているインテリ層のほうが、トランプ氏の言動や政策に対する懸念から民主党支持に傾く人たちが多い。支持層の逆転が起きているのである。

 そうであれば、コロナ問題が長引くほどトランプ氏に有利になる。B氏のような緊急に政府の支援が必要な人たちがトランプ支持に回り、「貧困層が支持する共和党」という奇妙な構図ができあがる。バイデン氏が頼みにする黒人層やラテン系が、むしろトランプ再選の原動力になる可能性が出てきた。

関連記事

トピックス