スポーツ

日ハム選手妻とOB妻、「LINEいじめ」で“場外乱闘”

日ハム栗山監督はこの件に何を思うか…(写真/共同通信社)

 今年のプロ野球はコロナ禍で開幕が3か月遅れ、無観客試合でのスタートとなった。上限を5000人に限って観客を受け入れ始めたが、応援規制もあり、球場はどこか盛り上がりに欠けている。

 しかし、早くも秋の気配漂う北の大地・北海道を本拠地とするプロ野球チーム、日本ハムファイターズの“場外乱闘”でいま、涼しき大地に熱風が吹き荒れている。乱闘騒ぎの中心にいるのは、選手ではなく、選手や球団OBの妻たち。そして、白熱するバトルのステージは札幌ドームではなく、SNSだ。

「事の発端は、現役時代に日ハムの日本一にも貢献した有名選手の妻A子さんのインスタグラムでした」 とは、球団関係者。

「自身のインスタグラムで突如、“LINEいじめ”の被害に遭っていると告発したのです。現在は削除済みですが、いじめは約4年にわたって続いていて、そのストレスで12kgもやせてしまったと明かした衝撃的な内容だったのです」

 A子さんを追い込んだとされる側の女性たちには、年俸が1億円を超える有名選手の妻も名を連ねている。いじめの内容を聞けば、非常に稚拙ながらも残酷なものだったようだ。

「選手の妻同士が、日常生活や育児の愚痴を言い合うLINEグループがあるようです。そこでA子さんが、ある女優が多用する他愛もないフレーズを真似したところ、それをLINEグループ内であげつらった挙句、その様子をインスタの動画で晒していたんです。ほかにも、A子さんの名前とコロナを掛け合わせていじって遊んだりと、低次元なものばかり。数年前に、嫌がらせに対する謝罪の場があったのですが、結局収まることはなく、その後も精神的苦痛が続いていたようです」(前出・球団関係者)

 A子さんも無視を決め込んでいたものの、小さないじりが蓄積し、ついに堪忍袋の緒が切れて、インスタグラムでの告発にいたったというわけだ。すると、相手側も黙っていない。やはりインスタグラムで、

《恐喝、パワハラ、不倫。この世にすべて知られた時、最後は皆さん離れていくでしょう!》
 と、徹底抗戦。息つく間もない、緊張感のある試合展開は、誰もが見られるSNS上で行われたこともあり、日ハムファンまで知るところとなったのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン