スポーツ

日ハム選手妻とOB妻、「LINEいじめ」で“場外乱闘”

選手妻の1人と”彼”の写真

「実はこの選手妻のLINEグループでは何人かが、夫以外の男性とデートしたことや、そのときの性的な内容まで具体的に語っていたことがあったんです。“昼顔妻”ごっこみたいなものだったのでしょう。仲のよさに安心し、気軽に不倫自慢をしてしまっていたことが、双方の“武器”になってしまったようなのです」(前出・球団関係者)

 火遊び自慢を脅しの道具に使う心理戦。日ハムファンも、この場外乱闘の行く末を固唾を飲んで見守っていたという。が、衝突が収まる様子が見えず、その現状を憂慮した一部のファンが球団に具申したこともあって、球団側が夫に注意した。その後、選手たちが妻に関連する投稿を削除させたため、いまでは何事もなかったかのように、表面上は静まりかえっている。
「ただ、お互いに球団やメディアに密告したのではないか、と疑い合っている状態。関係修復のめどは立っていないようです」(前出・球団関係者)

 何でも打ち明ける間柄だったこのグループが急変したのは、些細な理由だったという。約束した集まりの日程変更を前日に打診したところ、A子さんへの風当たりが強くなったという。これまでも、ドタキャンが目立っていたA子さんに対して、グループの不満が爆発した格好だ。

 が、関係が多少ぎくしゃくしても、夫が同じチーム関係者であることは変わらない。関係を断絶することもできず、かといって深く仲よくなることもない状態が続いた。

「プロ野球選手の妻のコミュニティーってすごく狭いんですよ。夫が同じ職業というだけで、他チームの選手の妻同士でも交流がある。移籍をしたら見知らぬ土地に行くわけで、そこでの生活基盤は選手妻のコミュニティーしかないです。

 それに、選手妻には表に出る仕事をする人が比較的多い。アナウンサーやタレント、また水商売など、容姿を武器に闘ってきた人ばかりなので、プライドが高く、自己顕示欲が強い。なので、選手妻同士の激しい衝突は、目立たないところでも結構起こっているんですよ」(プロ野球担当記者)

※女性セブン2020年9月17日号

A子さんのインスタグラムにはLINEのやり取りのコピーも

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン