国内

新型コロナ 意外に知られていない唾液PCR検査技術最前線

鹿児島大学の研究室で唾液PCR検査キットを開発中の隅田教授

 唾液を用いた検査法にも様々なやり方があるが、鹿児島大学の隅田泰生教授のチームが開発した唾液による「糖鎖ナノ粒子法」は画期的だ。ごく微細なものを扱うナノテクノロジーを使い、従来の方法だと結果が出るまでに最大6時間かかる検査時間を20〜30分に短縮した。0.3ccの唾液で検査でき、精度も高い。6月に保険適用となっている検査法だ。

 隅田教授が語る。

「唾液による検査は簡単で患者に優しく、医療従事者にとってもリスクが低い。唾液中の新型コロナはウイルス量が少ないので偽陰性になる可能性もありますが、この方法は濃縮の過程があるので、朝起き抜けの唾液を用いれば、鼻咽頭スワブと同等の結果が得られました。また、粒子形を保った感染性のある生きたウイルスのみを検査するので、偽陽性判定も避けることができます」

新型コロナとインフルエンザを同時診断

 それでも、医療機関の中には二の足を踏むところが少なくないようだ。隅田教授によると、ある病院の病院長は「私は導入すべきだと考えているが、やはり感染リスクが高いという理由で検査現場の賛同が得にくい」と内部事情を説明したという。

 秋以降、新型コロナとインフルエンザの同時流行が危惧されている。そこで政府は新型コロナの検査能力を、抗原検査の簡易キットを大幅に導入するなどして1日20万件程度まで引き上げる方針を示したが、抗原検査の簡易キットはPCR検査より精度が低いことが課題とされている。

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン