国際情報

内モンゴルでモンゴル語教育中止 取材の米人記者が拘束

中国政府による内モンゴルへの厳しい監視が続く

 中国内モンゴル自治区において、9月の新学期から「これまでモンゴル語で教えていた小中学校や高校、大学でのモンゴルの歴史・社会、国語(文学)などの授業を中国語を使って教える」という指示がなされ、地元のモンゴル族の市民が内モンゴル政府に強く反発している。2000人以上のモンゴル族の教師と30万人の小中学生が授業をボイコットし、デモや集会を開くなどの抗議行動が拡大しており、一部が警官隊と衝突し、数千人が逮捕されるという深刻な事態を招いている。

 人権擁護団体の南モンゴル人権情報センター(米ニューヨーク)によると、中国政府は全国統一の学習要項を導入し、内モンゴル自治区では、モンゴル独自の歴史や文学などの科目を段階的に廃止していくことを決定。9月1日の新学期から、教育機関での授業はすべて漢語(中国語)で行うことになった。

 内モンゴル自治区は人口2500万人のうち、約17%に当たる425万人がモンゴル族住民。同自治区政府のモンゴル語授業中止政策が今年7月に発表されると、モンゴル族を中心に「モンゴル族独自の文化を消滅させる暴挙だ」として当局に反発する声が強まっており、9月に入って連日、住民や学生ら数万人が街頭に飛び出して、激しいデモが行われているという。

 とくに、同自治区の区都であるフフホト市内の「内モンゴル師範大学」の学生とその保護者らは大学の正門前で抗議デモを行ったほか、モンゴル語教育中止に反対する署名活動を展開したため、警官隊がこん棒などで殴り掛かるなど鎮圧活動を行った。

 同市内では1000人以上の市民が当局に拘束されたり、自宅軟禁状態におかれたり、市政府は外出禁止令が出すなど、フフホト市は事実上の戒厳令下にあるようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン