芸能

東出昌大、親類宅で極秘の居候生活 共演の菅原小春も支援

稽古終わりの東出。駅を目指して激走するときもあった

 都心の大通りに、1台の車が停車する。助手席から降りた長身の男性は、慣れた手つきでトランクから荷物を取り出す。ハンドルを握る美女に手を振ると、住宅街の一角に建つ戸建てに入っていった。

 彼は9月21日から始まった舞台『(死なない)憂国』に出演する東出昌大(32才)だ。東出を送り届けたのは、共演者の菅原小春(28才)。9月中旬のこの日は、まだ『憂国』の稽古期間中。東出は稽古場へ入るときも、菅原の車に同乗していた。

 今年1月に唐田えりか(23才)との不倫が発覚して以降、東出は激しいバッシングに晒されてきた。俳優人生が断たれかねない状況に陥ったが、10月以降に4本の出演映画が公開予定で、新たに映画や舞台出演のオファーも届いているという。復活への道を歩み始めたその裏には、多くの支援者の存在があったようだ。

 東出は今年7月に杏(34才)との離婚が成立し、2016年に夫婦で折半して購入した、約2億円の自宅の権利を杏に渡している。これまでウイークリーマンション暮らしやホテルを転々とする生活を続けていたが、近頃は決まって帰る家がある。

「いまは東出さんのお母さんの3つ上のお兄さん、東出さんから見たら伯父さんの自宅で“居候生活”を送っているようです。伯父さんは東出さんと同じぐらいの長身の老紳士。東出さんは2011年にお父さんを亡くしていて、それ以来、伯父さんを頼りにしてきました。伯父さんが手を差し伸べたみたいで、当初は“迷惑がかかるから”と遠慮していたけど、最近、お世話になることを決めたようです」(東出の知人)

 東出は伯父を以前から頼りにしてきたようだが、いちばん頼りたかったであろう“あのとき”は、そうはいかなかった。伯父もまた、渦中に巻き込まれていたのだ。

「東出さんの不倫が報じられたとき、伯父さんは東出さんのお母さんとクルーズ船で外国を巡る旅に出かけていたんです。伯父さんはすぐにでも駆けつけたかったそうですが、乗っていたクルーズ船というのが、新型コロナで集団感染が起きた『ダイヤモンド・プリンセス号』で。横浜で隔離生活を余儀なくされ、下船に時間がかかってしまった。心配ばかりが募っていたようです」(前出・東出の知人)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン