• TOP
  • ライフ
  • よりよい生活のための家事 「とりあえずやる」が重要

ライフ

2020.09.29 16:00  女性セブン

よりよい生活のための家事 「とりあえずやる」が重要

家事はルーティン化して面倒になる前に着手(イラスト/すみもとななみ)

 自宅がきれいにしておくに越したことはないと思いつつ、なかなか家事に前向きになれないというアナタ! そんなときは、「まず一歩をスタートする」ことが重要だと風水建築デザイナーの直居由美里さんは語る。直居さんが、人生を軌道修正させる家事への心構えを伝授する。

 * * *
 人間は環境から大きな影響を受けます。どんなに高い志を持っている人でも、乱れた環境で暮らしているうちに堕落していきます。

 反対に、行先を見失って迷走していても、住まいを整えることで人生を軌道修正できます。

 とは言っても、片付けや掃除が苦手な人は、どこから手を付けていいのかわからないまま、ますます家が乱れていくという悪循環に陥りがちです。

 じっと座っているだけでは、なかなかやる気が出ません。脳科学の研究では、実際に行動してみると、スイッチが入ることが明らかになりました。

 だから、家事が面倒だと感じる前に手足を動かせばいいのです。運気を大きく左右するトイレと玄関の掃除は、朝の習慣にするのが効果的です。

 家の隅々まで掃除機をかけるのと比べると、トイレと玄関は面積が小さいため、労力が少なくて済みます。結果はすぐに目に入るし、毎日続ければ汚れがたまりませんから、ちょっとした手間で最大限の効果が得られます。

 起きたらすぐ、あるいは朝食後などに行動開始のスイッチを決めてルーティン化すれば、自然に体が動きます。玄関とトイレが常にきれいな状態になれば、運気が好転するだけでなく、家の中のほかの場所も片付けようという気力も湧いてきます。

 その結果、運気の流れがますますスムーズになっていくでしょう。最初は多くを望まず、小さな達成感で満足するのがコツ。

 ダイエットや筋トレもハードなトレーニング計画を立てると途中で投げ出しがちですが、とりあえず腕立て伏せを1回だけやってみる、スポーツクラブに行くためにウエアを新調してみるなど、ちょっとした行動が大きな成果につながっていくのです。

※女性セブン2020年10月8日号

関連記事

トピックス