芸能

杏、魔女の声がハマり役 妖怪、幽霊を演じた個性派路線も

『アダムス・ファミリー』での魔女役が注目の杏

 アニメや実写映画化もされた『アダムス・ファミリー』が初のアニメーション映画になって公開。日本語吹き替え版の個性あふれる声優陣に注目が集まっている。中でも存在感が際立つ、魔女の家系に生まれたモーティシアの声を演じる杏(34才)についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 初のCGアニメ映画公開で注目の『アダムス・ファミリー』。実写映画や舞台版ファンの私も興味津々だが、それよりなにより、「ナイス!」と思ったのは、日本語吹き替え版の声優たちだ。

 物語は崖の上の奇怪なオバケ屋敷に暮らすモンスター一族のアダムス・ファミリー、父ゴメズと母モーティシア、娘のウェンズデー、息子のパグズリーが、丘の下の住宅地に住む人間たちと関わって、大騒動になるというもの。

 吹き替え版では、かっぷくがよくチョビヒゲのゴメズを生瀬勝久、無表情で人間の中学生たちを驚かせるウェンズデーを二階堂ふみ、まん丸顔につるつる頭のゴメズの兄フェスターおじさんにロバート秋山竜二、そしてげっそりと顔色が悪く超スレンダーの体を黒いロングドレスに包んだモーティシアを杏が演じているのである。

 不気味な黒雲から雨がポツポツする空を見て「なんてすばらしい朝かしら」とうれしそうなモーティシアは、魔女の家系に生まれ、ドレスの下に無数の蜘蛛を飼っている。考えただけでゾワゾワするが、家族をとっても大事にするマダムなのである。

 杏といえば、モデルとして海外のコレクションにも多数出演。その後、『ごちそうさん』でNHK朝ドラのヒロイン、『半沢直樹』と同じ池井戸潤原作の『花咲舞が黙ってない』では正義感あふれる銀行員、『デート~恋とはどんなものかしら』でフジテレビ月9の変わり者の主人公と、人気女優の王道を歩んできた。が、一方でマネのできない人間離れした役を数多く演じてきた。

 2011年、アニメヒットから四十余年の時を経てまさかの実写化と騒がれたドラマ『妖怪人間ベム』で、女妖怪人間ベラとして登場。こってりした妖怪メイクで、悪いやつにムチをふるった。杏がベラ!?と驚くかと思ったら、意外に違和感がないことにびっくりしたものだ。

 また、2013年の『幽かな彼女』では、香取慎吾演じる教師の部屋に棲みついた地縛霊に。幽霊なのに、いろいろと問題を抱えている複雑な存在だった。人間の役も個性派が多い。映画『忍たま乱太郎』では、一瞬にしてお婆さん(中村玉緒)に変身する女忍者教室の先生を演じている。歴女としても知られ、大河ドラマ『平清盛』では、初回に毛皮のパンツルックのような勇ましい姿の北条政子になって源氏の勝利を祝い、フジテレビの『剣客商売』シリーズでは、男装した女性剣士として多くの悪人を打ち負かしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン