• TOP
  • 芸能
  • ジャニーさんが「最高傑作」と語った少年隊 その永遠の輝き

芸能

2020.10.04 07:00  女性セブン

ジャニーさんが「最高傑作」と語った少年隊 その永遠の輝き

ジャニーズのなかでも際立っていた少年隊の存在感(時事通信フォト)

 少年隊の錦織一清(55才)と植草克秀(54才)が、ジャニーズ事務所から退所することが発表された。ジャニー喜多川さんが「ぼくの最高傑作」と語った少年隊について、放送作家の山田美保子氏が語る。

 * * *

歌やダンスのスキルがずば抜けていた「別格」グループ

「少年隊」の錦織一清サンと植草克秀サンが今年いっぱいでジャニーズ事務所を退所。でも「少年隊」というグループ名は「残る」という発表が9月20日、ありましたね。ジャニー喜多川さん(享年87)は「少年隊」のことを「ぼくの最高傑作」とおっしゃっていたそうです。それは、A.B.C-Zの舞台『ジャニーズ伝説』を見ていても、わかることでした。

 同舞台は、ジャニーズ事務所の第1号グループである「ジャニーズ」のアメリカ進出がメインで描かれているのですが、作品内で紹介されるジャニーさん所有の秘蔵VTRの中に、もっとも登場しているのは「少年隊」とお見受けしました。

 人気絶頂のときにアメリカに渡るも、約束していた日本での仕事をするために帰国。その後、本当なら自分たちが歌うハズだった「Never My Love」が別のアーティストのものとなり、全米チャートで1位を獲得したというエピソードをジャニーさんが公にしたのは『ジャニーズ伝説』の初演前のことでした。本格的な全米進出はジャニーさんの悲願ともいっていいことであり、その想いを背負って「少年隊」は数多くの海外のテレビ番組に出演したものです。

 1980年、田原俊彦サン(59才)のデビューと共に、男性アイドルのNo.1事務所として席巻してきたジャニーズ事務所さんにあって、「少年隊」は、そのネーミングからして「別格」でした。歌やダンスのスキルがずば抜けていて、アップテンポな曲からスローバラードまで、大ヒット曲もたくさんありました。

 ショーということでは、青山劇場で行われていたミュージカル『PLAYZONE』が秀逸でしたね。ジャニーさんの演出のこだわりが、青山劇場の天井の設計まで変えてしまったことは有名な話。堂本光一クン(41才)の『Endless SHOCK』や、滝沢秀明クン(38才)の『滝沢歌舞伎』『滝沢演舞城』などの演出の原点は『PLAYZONE』にあったと言っても過言ではありません。

関連記事

トピックス