• TOP
  • ライフ
  • 最強の昭和ポップスは? アン・ルイス『ラ・セゾン』の凄さ

ライフ

2020.10.12 07:00  女性セブン

最強の昭和ポップスは? アン・ルイス『ラ・セゾン』の凄さ

井上陽水さんが本物の明菜さんを引き出した

──では、それぞれあげていただいた曲のうち、まずは7〜10位について、半田さんから順に、おすすめの理由をお願いします。

半田:10曲選ぶのにかなり苦労しました。最初、感性で好きな歌を選んだら、古い曲ばかりになりすぎてしまって(笑い)。

田中:私も大好きな曲からベスト10を選ぶのに、迷いに迷って吐きそうになりましたよ。

半田:10位の『ルビーの指環』は、大ヒット曲でご存じのかたも多いですが、この曲が収められているアルバムの『Reflections』は、日本の邦楽アルバム史上ベスト10に入る名盤です。9位の『お座敷ロック』は1958年発売なのにイントロで三味線が4ビートにのっかって、和なのに新しい。いま、バンドをしている人たちも聴くべき再評価楽曲です。

 7位の『君が美しすぎて』は、芸能界イチ“野口五郎になりたい男”を自認するぼくが、外すわけにはいかない五郎さんの曲を、敬愛する作曲家・馬飼野俊一さんのナンバーで選んだもの。8位のハニー・ナイツの『ふりむかないで』は、シャンプーのCM曲ですが、リピートする単純なメロディーなのに、心にグッとくる心地よさがあります。

田中:私が9位に入れたザ・タイガースの『色つきの女でいてくれよ』も、化粧品のCMのイメージソングです。“色つきの女”って表現がかっこよくて阿久悠さんの作詞でいちばん好きな曲かも。逆になりましたが、10位の一世風靡セピア『前略、道の上より』は、男の美学を感じさせるかっこよさでセレクト。

 8位には歌い手を女優にする来生えつこ・たかおコンビの作品から、私の大好きな河合奈保子さんの『疑問符』を選んでみました。7位のアン・ルイスさんの『ラ・セゾン』は、作詞が三浦百恵さんで、作曲が沢田研二さん。いま聴いても本当にかっこいい!

半田:クレジットだけで、ザ・芸能界って豪華さですね(笑い)。

さにー:私が10位に選んだ松田聖子さんの『SWEET MEMORIES』もCMで使われた曲です。冒頭の“なつかしい痛みだわ”を聴いただけで、久しぶりに昔の彼と会ったんだなと状況がわかって、すごい歌詞だと思いました。

半田:そうだよね。この曲は『赤いスイートピー』(1982年)と人気を二分する曲だけど、にわか覚えで歌うと、2番が英語で焦る(笑い)。

関連記事

トピックス