芸能

三浦春馬さん 遺産や遺骨の行方を不透明にする複雑家族関係

巨額な遺産の行方は…

 遺品整理や遺産相続、お墓問題など、哀しみに暮れてばかりいられないのが、身近な人の死だ。一方で、突然の死の場合には、その諸問題がなかなか解決されないという哀しみも多いのかもしれない。複雑な家庭事情も絡み合い、遺骨の行方すらわからなくなって──。

 三浦春馬さん(享年30)の突然の死から3か月、残された者の哀しみは消えない。

「最後に出演したドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の放送が終わっても、12月には主演映画『天外者』が上映されるし、来年3月には映画『ブレイブ -群青戦記-』が公開される予定です。春馬くんの顔を見られてうれしい半面、スクリーン越しに出会うたびに、“ああ、彼はもういないのか”という寂しさが余計に募るでしょうね」(50代女性ファン)

 寂しさのかたちは、立場が変わると変化を見せる。三浦さんの知人が追想する。

「彼が好きだったウイスキーを飲むときにふと思い出したり、彼が好きだったビリヤードをやっているときにそっと脳裏をよぎります。どこかのタイミングで、春馬さんが突然降りてくるんですよね」

 さらに近しい関係者に聞けば、思い出話が出てくるものと想像したが、そうではなかった。

「ぼくらにとって重要なのは思い出ではなく、現在進行形の問題です。お墓がどこにあるか知りたいし、そこに駆けつけて線香をあげたい。それに彼が最後に住んでいたマンションにあった遺品はどうなったのか。彼が大切にしていたものは……。気にかかることだらけなのに、亡くなった後の情報を母親が表に出さないため、身動きが取れません」(三浦さんと近しい関係者)

 四十九日に納骨を行うことが一般的ではあるが、実は三浦さんはいまだに墓がない。そして彼と近しい関係者でさえ、遺骨がどこにあるかわからない状況なのだ。三浦さんの親族が語る。

「私たちですら墓の場所もわからなければ、遺骨の前で手も合わせられない。月命日になんとなく手を合わせるだけしかできなくてね……」

 爽やかな笑顔で日本中から愛された三浦さんの周辺で何が起こっているのか。それを知るには、彼の複雑な生い立ちを知る必要がある。

 三浦さんは茨城県の田園地帯にある一戸建てで育った。就学前から両親が共働きだったため、夜遅くまでお腹を空かせて両親の帰りを待つことが多かった。両親は三浦さんが小学校低学年のときに離婚、ほどなくして母親は5才年下の男性と再婚した。三浦さんは母と継父の3人で暮らすようになったという。

 幼少期の三浦さんが、不安を紛らわすように打ち込んだのが「芝居」だった。5才から通い始めたアクターズスクールでは、くりっとした瞳と端正な顔立ちで周囲の大人を魅了し、7才のときにNHK連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューした。その後、14才で大手事務所に所属し、芸能活動をするために高校は堀越高校(東京・中野区)に進学して、親元を離れてひとり暮らしを始めた。それから俳優としての階段を着実に上る息子を、母親は手放しで応援した。

「母親は春馬さんの出演作品を欠かさずチェックし、舞台を見るために全国を回りました。継父も義理の息子を熱心に応援していた。この頃は家族の関係が良好で、春馬さんは継父について『よくしてもらっている』と語っていました」(前出・三浦さんの知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン