• TOP
  • 芸能
  • 「サタンが取り憑いた」大浦龍宇一、結婚直後の入信で妻困惑

芸能

2020.10.23 07:00  女性セブン

「サタンが取り憑いた」大浦龍宇一、結婚直後の入信で妻困惑

大浦の父が10月に亡くなった際は仏式の葬式で送ったという

 愛し合い、理解し合って一緒になったはずなのに、結婚してから明らかになる意外な事実。それは借金であることもあれば、出自や犯罪歴なんてこともあるかもしれない。そして宗教観も──。

 信仰の自由は憲法で保障されているが、夫婦でその感覚が異なると、すれ違いも多くなるものだ。とある芸能人夫婦の間にも、宗教を巡る“違和感”が存在し続けていたという。

《今日はいつもと違う内容になります。ずっと悩まされてきた事について書きます》

 俳優の大浦龍宇一(51才)の妻でシンガーソングライターのゆりえ(30才)が、自身のブログに心情を吐露したのは10月13日のことだった(現在は削除済み)。

 大浦はドラマ、『この世の果て』(1994年・フジテレビ系)『失楽園』(1997年・日本テレビ系)のほか、多くのドラマに出演する名バイプレーヤーだ。父が元俳優の高田由紀夫、叔母が女優の高田美和という芸能一家に生まれ育っている。その大浦の再婚相手がゆりえ。元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子の長女で、2019年3月に結婚したときには“22才差婚”が大きな話題となり、夫婦揃ってバラエティー番組に出演したこともあった。

 なれそめは舞台での共演。その後、一緒に曲作りをするうちに交際に発展したという。しかし、結婚後わずか4か月で離婚騒動が勃発していた。

「昨年7月、ゆりえさんが、離婚を前提に別居を始めたとSNSで告白したのです。ところが大浦さんはそれを“夫婦げんか”と否定。その後は関係が修復したようで、互いのブログで仲むつまじい様子が見られていました」(芸能関係者)

 しかし、ゆりえの側は、入籍直後から違和感を覚えていたようだ。発端は、大浦がある宗教に入信したこと。そう聞かされたゆりえは、突然のことに戸惑いながらも、信仰の自由はあるし、それで気持ちが落ち着くのならいいことだと理解を示そうとしていたという。しかし、《それ以来、夫は変わり果てて行きました》とブログで語るゆりえ。大浦の変化は、そのまま夫婦の関係を劇的に変えた。

《私と真剣に向き合い、自分の言葉で話し合いを重ねてきた夫はこの世から姿を消し、今は常に神のお告げにのみ心を傾けるようになりました》

 夫の信じる神の存在は、夫婦の関係だけでなく、夫の言動も変えていく。

《私が仕事のために実家に帰ると、サタンが取り憑いたと言われたりもしました。私にはよくわかりません》

 本誌・女性セブンは直接、ゆりえに話を聞いた。

関連記事

トピックス