• TOP
  • 芸能
  • 上沼恵美子、紅白初出場か 直撃に「大晦日は東京」と返答

芸能

2020.11.05 16:00  女性セブン

上沼恵美子、紅白初出場か 直撃に「大晦日は東京」と返答

紅白は夢の舞台だと話した上沼

 社会全体に閉塞感が漂ういま、1曲の演歌が人々の心に響いている。上沼恵美子(65才)が歌う『時のしおり』だ。

「最近は御意見番やお騒がせタレントのイメージが定着していますが、上沼さんは実力派の歌手でもあるんです。歌唱力は幼い頃から秀でていて、ちびっこのど自慢大会で入賞を繰り返すものだから、“のど自慢荒らし”なんて呼ばれていたほどです。20才のときに発売した『大阪ラプソディー』は、40万枚を超える大ヒットでした」(テレビ局関係者)

 久々の新曲『時のしおり』は、時間をかけて支持を集め続けているという。

「発売は昨年の11月なんですが、今年4月に緊急事態宣言が発出されたタイミングで人気に火がつきました。6月1日付のオリコンシングル演歌・歌謡ランキングでは、1位にもなりました。この曲は昭和の東京オリンピックや大阪万博、平成の大震災を振り返りながら、令和のいまは心をつないで生きましょう、と呼びかけるメッセージソング。元気をもらえる歌だと口コミで広がったんです」(音楽業界関者)

 注目されるのは大晦日、『紅白歌合戦』(NHK)への出場だ。上沼は過去、応援団(1975年)、司会(1994年、1995年)、ゲスト審査員(2019年)として出場しているが、歌手としての出場はまだない。歌手での出場が実現すれば、女性としては史上初の「紅白グランドスラム」を達成することになる。

 そしてついにその知らせが届いたという。

関連記事

トピックス