• TOP
  • 芸能
  • 突然ビキニの宮崎美子 30年前に別れた夫と今でも関係良好

芸能

2020.11.08 11:00  女性セブン

突然ビキニの宮崎美子 30年前に別れた夫と今でも関係良好

還暦ビキニの衝撃

驚きの声も多い“還暦ビキニ”姿

 クイズ番組で正解を連発し、知性派タレントとして引っ張りだこの宮崎美子(61才)がビキニ姿を披露して話題になっている。12月に発売を予定している「40周年記念 カレンダー&フォトブックセット」でビキニ姿のカットが掲載し、予約も好調だ。デビュー当時は鮮烈なビキニ姿で人気だった宮崎だが、その後ビキニを封印してきただけに、今回の“還暦ビキニ”には驚きの声も多い。

 誰もが予想しなかったビキニ披露となった宮崎だが、人生の決断も突然が多かった。宮崎は1989年にテレビディレクターと結婚。夫は『2年B組仙八先生』(1981年・TBS系)のADを務めており、ドラマ終了から何年かしたのち、運命的な再会を果たした。婚約指輪と結婚指輪、挙式や披露宴もなく、熊本の両親にも事前に知らせない異例の結婚だった。神奈川県逗子市に新居を構え、幸せな新婚生活が続くと思われたが、わずか1年4か月後の1991年1月にスピード離婚した。

「結婚すると私の生活がすべてバラ色になるかと思っていたら何も変わらなかった」
「あえて言えば、入籍したことが離婚の原因でしょうか。無理して入籍する必要があったのかどうか……」

 離婚会見で宮崎はこのような発言を繰り返し、報道陣を煙に巻いた。そのとき、33才。バツイチ子なしの彼女はその後も再婚の可能性はあったはずだった。

関連記事

トピックス