• TOP
  • 芸能
  • 山田杏奈&鈴木仁 「サバ」で通じ合う奇跡を見せる

芸能

2020.11.15 16:00  NEWSポストセブン

山田杏奈&鈴木仁 「サバ」で通じ合う奇跡を見せる

サバについて語る山田杏奈

サバのへしこについて語る山田杏奈

 映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』の公開記念舞台挨拶が11月7日、東京・新宿ピカデリーで行われ、ダブル主演の山田杏奈、鈴木仁、瀬田なつき監督が登壇した。

 1989年に刊行された岡崎京子氏による同名漫画を原作としたこの映画。『東京アリス』(Amazonプライム・ビデオ)、『セトウツミ』(テレビ東京系)、『声ガール!』(テレビ朝日系)などのドラマのほか、映画『PARKS パークス』を手掛けた、瀬田なつき氏が脚本・監督を担当する。

 平凡な女子高生・ハルコ(山田杏奈)は、橋で倒れていた少年・ケンイチ(鈴木仁)に一目惚れ、“世紀の恋”だとはしゃぐハルコと、真面目なケンイチの淡い恋を描く──そんな青春物語だ。

 鈴木とは事務所が一緒で、共演経験もあるという山田によれば、鈴木が演じたケンイチは「何を考えているか分からない所は共通している」という。

 イベントでは、作中に登場する「地球の危機一髪を救う」というフレーズにちなんで「“地球の危機一髪を救うような”運命的な出会いは?」と質問されると、山田は昨年福井で食べた「サバのへしこ」について、「衝撃を受けるぐらいおいしかった」と回答。

 すると鈴木も「最近ずっとしめサバが好きです」と告白。まさかのサバで通じ合うという奇跡を見せた。

撮影/小彼英一

関連記事

トピックス