芸能

宮本浩次、カバーアルバム発売に自信 魂を込めて歌い上げた

自粛中は忙しかったと語る宮本浩次

自粛中は忙しかったと語る宮本浩次

 昭和を代表する懐かしい曲ばかりを収めた宮本浩次(54才)のカバーアルバム『ROMANCE』が11月18日にリリースされた。『あなた』『異邦人』『ジョニィへの伝言』『ロマンス』『赤いスイートピー』『木綿のハンカチーフ』などの鉄板ソングがズラリ。歌詞を大切に、そして七色のボイスを巧みに使い分けて歌う宮本ワールドを堪能できて感動しきりだ。

「そう言ってもらえるとうれしいな。自分で言うのもなんですが、本当にいいカバーアルバムができたと思っています。一曲一曲を大切に、魂を込めて歌い上げた、なんて言うと手前味噌な感じに受け取る人もいるかもしれないけど、そういう意味じゃなくて、誰にとっても思い出の詰まった大切な歌ばかりだと思うので、心を込めて歌ってます。きっとみなさんに喜んでもらえるはずだと」(宮本・以下同)

 開口一番、身振り、手振りを交えて早口で一気に語る。その一生懸命な姿が印象的だ。

ライブもイベントも中止に。でも、自粛中は忙しかった

 宮本は現在54才。日本を代表するロックバンド『エレファントカシマシ』のボーカルとして走り続けてきた。そんな彼がなぜ、いまカバーアルバムを作ったのか? その理由を知るには、少し前に時計の針を戻す必要がある。2017年にデビュー30周年を迎えた彼は、47都道府県でコンサートツアーを行い、NHK紅白歌合戦に初出場するなど華やかな一年を送った。

「30周年はバンドにとって大きな節目でした。と同時に、私個人としてはひとつの区切りでもありました。これを機にソロ活動を開始したいと考えていたのですが、まさに計ったようなタイミングで、椎名林檎さん、東京スカパラダイスオーケストラというトップミュージシャンからコラボレーションの誘いを受けた。ソロとして、これ以上望めないというほど幸先のよい一歩を踏み出すことができたのです」(宮本・以下同)

 その後も、ドラマの主題歌を3曲、自身も出演したCMソングを3曲、映画の主題歌やドキュメンタリー番組の主題歌を手掛けたほか、高橋一生に楽曲を提供するなど、獅子奮迅の活躍を見せ、そのすべてが収録されたファースト・ソロアルバム『宮本、独歩。』が3月4日に発売に!

 と、この先も盛り上がりを見せるはずだった。だが、周知のように新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年のイベントやライブが次々に延期や中止となってしまう。

「3月から4月にかけての初のソロライブを私も楽しみにしていましたが、結局、全公演が中止になってしまいました。といって四の五の言っても始まらないですし、苦しいのは自分だけではないですから……」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン