歌謡曲は人生の縮図だという

歌謡曲は人生の縮図だという

 と、少しかみしめるように言葉を切り、話を続ける。

「4月に入ってすぐ、緊急事態宣言が発令された頃には、いまできることをやろうって、気持ちを切り替えていましたね」

 そうして、まず彼が始めたのは自身のインスタグラム『写真日記』に、写真付きで日記をアップすることだった。

「あれはプロモーションであり、いつも応援してくれているファンのみなさんに喜んでもらえたらうれしいという気持ちの表れでした。実はもう1つ、バンドなしでどこまでできるのかという実験的な試みでもあったのですが、6月12日には『宮本浩次バースデイコンサートat作業場』と銘打った弾き語りライブを開催して生配信したのです。そんなこんなで、自粛中も忙しかったですね」

号泣しながら歌い、心が浄化されるのを感じた

 自粛中の忙しさの理由は、ほかにもあった。

「もともとソロアルバムの次に、カバーアルバムを発売するという計画が動いてはいたのです。『あなた』と『恋人がサンタクロース』は、すでに昨年11月にレコーディングを終えていましたし。でも、それ以外に何を歌うかは決まっていなかったので、選曲しなくちゃいけなくて。

 とはいえ膨大な数があるじゃない? 昭和の歌謡曲って。そこでまず、私が生まれた’66年からバンドデビューした1988年の間に絞り、その上で、気になる歌を1日1曲以上カバーしてみようと決めて、全部で150曲くらい歌ってみたのです」

 ちなみに、初日に弾き語りをしたのは、GAROの『学生街の喫茶店』と『ジョニィへの伝言』『二人でお酒を』の3曲だった。

「演歌もいいですよねぇ。『北の宿から』とか『夢追い酒』とか(と、ワンフレーズを歌い出す)。私が涙もろいせいなのか知らないけど、号泣しちゃったりして。だって歌謡曲って人生の縮図ですよ! “人生って儚いよね、どう考えても”とか、しみじみ思ってしまって……つまり心の琴線に触れまくりで、泣きながら浄化されるのを感じるという。結果として実にいい時間を過ごすことができました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン