芸能

有村架純『姉ちゃんの恋人』 気恥ずかしさが表現するものは

有村架純

肝っ玉姉ちゃんを演じる有村架純

 脚本家の作家性がいかんなく発揮されている作品といえそうである。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析する。

 * * * 
『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系火曜午後9時)を見ていると、他のドラマから感じることの無い独特な感覚が立ち上がってきます。むずがゆさというのか、気恥ずかしさ、というのか。タイトルの「姉ちゃん」という呼び方からしてそう。「姉ちゃん姉ちゃん」となつく3人の弟たちの姿が、どこかこそばゆい。

 ドラマは両親を事故でなくした家族4人の物語。一家の大黒柱として3人の弟(高橋海人・日向亘・南出凌嘉)を育てる“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村架純)が主人公。弟たちは「姉ちゃん」の話題で盛り上がり「姉ちゃんが一番大事」と語り合う。その和気あいあいとしたシーンに、何ともしがたい気恥ずかしさを感じてしまうのは私だけ?

 視聴者の感想を眺めてみると、作品に好意的な感想も多い反面、「姉ちゃん大好き的なセリフは気持ち悪い」「有村架純や三兄弟を過度に可愛く見せる設定が過ぎる」「一家のキャピキャピが煩わしい」といった感想も目に入ります。今や兄弟が3人いれば、それぞれが主張したり各人の趣味やこだわりがあったりするのが自然な時代。だからこそ一体となった家族に視聴者はある種の異質感というか、こそばゆさを感じるのかもしれません。

 たしかに過去には、掛け値なしに支え合う家族や兄弟がドラマの中に見られました。「ホームドラマ」というジャンルが確立し、『肝っ玉かあさん』や『時間ですよ』など仲の良い家族ぶりを描くのが王道だった時代もありました。刺激的な犯罪も家族の決定的な不和もなく、口喧嘩はしても安心して見ていられる家族像。しかし今のドラマにおいてはまるで別世界です。

 放送中のドラマを眺めてみると……「極端な非日常」の設定が大半であることに気付きます。夫が失踪し巨額の遺産相続でもめたり、35歳の女性の精神年齢が10歳だったり、大企業の駆け出し新米社員が社長と恋愛したり、ベテラン大物男優と大物女優の反目だったり。極端な設定にしなければ視聴者の関心を惹けない、見てもらえない、という思考回路が制作陣にありそう。いや、それに影響された私たち視聴者側にもほのぼのした家族ドラマを見るモードが失われつつあったのかもしれません。

『姉ちゃんの恋人』というホームドラマを、時代遅れと批判したいのではありません。制作サイドはこの時代に敢えて意図して作り上げている。そこに明確な狙いやテーマ性があるはず。脚本を担当するのはNHK朝ドラで『ちゅらさん』『おひさま』『ひよっこ』3本を手がけたベテラン、岡田惠和さん。それだけにこの「気恥ずかしさ」を通して一体何を表現しようとしているのか……興味が湧きます。

 岡田氏はかつて「昔から気になるのは、目立たない、クラスの隅にいる人でした」と語っていました。「迷ったり、傷ついたり、ときに逃げてしまったり、後悔したりしながら生きていく登場人物たちを、最後まで見届けてもらえたら」(週刊文春 2019年8月8日号)とも。

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン