• TOP
  • ライフ
  • 選択的夫婦別姓 いまだに強く反対する人がいるのはなぜか

ライフ

2020.11.22 16:00  NEWSポストセブン

選択的夫婦別姓 いまだに強く反対する人がいるのはなぜか

選択的夫婦別姓

選択的夫婦別姓に賛成は7割超

 時代とともに変化するのは夫婦のあり方とて同じだ。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察した。

 * * *
 先日、ひとつの調査報告が発表された。早稲田大の棚村政行教授の研究室と市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」による、選択的夫婦別姓についての合同調査だ。同調査は、全国の20歳から59歳までの男女7000人に、結婚の際の姓のあり方について4者択一の形式で質問。結果、「自分は夫婦同姓がよい。他の夫婦も同姓であるべきだ」が14.4%、「自分は夫婦同姓がよい。他の夫婦は同姓でも別姓でも構わない」が35.9%、「自分は夫婦別姓が選べるとよい。他の夫婦は同姓でも別姓でも構わない」が34.7%、「その他、わからない」が15.0%となった。

 選択的夫婦別姓を肯定したといえる「自分は夫婦同姓がよい。他の夫婦は同姓でも別姓でも構わない」と「自分は夫婦別姓が選べるとよい。他の夫婦は同姓でも別姓でも構わない」を合わせると70.6%。各マスメディアはこの調査結果を「選択的夫婦別姓賛成が7割超」といった見出しで報じ、その割合の高さに注目した。

 選択的夫婦別姓制度の法制化をめぐる議論は1970年代から行われている。そして、そのたびに賛成反対の両論で割れている、さらなる国民的議論が必要である、とされてきた。だが、今回の調査では7割超が賛成だったのみならず、「自分は夫婦同姓がよい。他の夫婦も同姓であるべきだ」という反対が14.4%しかなかった。これはもう両論で割れているというには無理のある数字だ。選択的夫婦別姓に反対している日本人は、すでに少数派なのである。

 このニュースに、日本人は夫婦同姓であるべし、と考える保守派はどう反応したか。検索して真っ先に見つかったのは、元航空幕僚長で政治活動家である田母神俊雄氏の以下のツイートだった。

〈今朝のNHKのニュース、世論調査で夫婦別姓に賛成が7割だとか。信じられないがこれも日本ぶち壊しの一つか。田中さんの奥さんが鈴木さんで鈴木さんの奥さんが田中さんだとか言ったら混乱を招くだけだ。女性は愛する男性の姓を名乗ることに喜びを感じる人が多いのではないかと私は思う〉

 つっこみどころ満載である。まず、「日本ぶち壊し」と大仰な表現に苦笑する。夫婦同姓から夫婦別姓にまるごと変えるという話ならばそういう強い言い方もわかるが、議論されているのは飽くまで「選択的」夫婦別姓だ。別姓にしたい夫婦はそうしてもいいよ、というだけのこと。その程度の選択の余地を与えただけでぶち壊れるほど、日本はもろい国なのか。

 田中さんと鈴木さんで混乱する云々は、ちょっとお茶目な言葉遊びをしてみたということだろうか。でも、たとえば同窓会メンバーを思い浮かべて、田中太郎君の奥さんになったのが同じクラスの鈴木京子さんで、鈴木大輔君の奥さんになったのが隣のクラスの田中美奈さんだ、というふうにすれば、べつに混乱なんかしない。それよりも現実は、結婚して姓が変わることで、同窓の女性の顔と名前が混乱することのほうがずっと多い。

男性の姓を名乗ることは喜びか

 でもって極めつけは、〈女性は愛する男性の姓を名乗ることに喜びを感じる人が多いのではないかと私は思う〉という締めの一文。田母神氏は1948年生まれの72歳だが、時代はいつ頃で止まっているのだろう。氏が20歳だった60年代までは、もしかしたらそういう乙女心の女性がそれなりにいたのかもしれない(私は、当時だって、その「喜び」は男性側が勝手に抱いていた幻想であった場合が多かったのではと思っている)。

 しかし、時は40年以上流れたのだ。当時だってかなり進んでいた核家族化はさらに進行し、家制度的な「お嫁に行く」という感覚も相当薄くなった。それはことさら女性に顕著で、今回の調査で「自分は夫婦同姓がよい。他の夫婦も同姓であるべきだ」と回答したのは、20~29歳の女性で6.3%、30~39歳で6.6%、40~49歳で8.2%、50~59歳でも8.8%しかいない。〈男性の姓を名乗ることに喜びを感じる〉女性はとても少ないことを物語っている。

関連記事

トピックス