• TOP
  • 国内
  • 秋篠宮夫妻が「傷だらけの公用車」に乗り続ける理由とは

国内

2020.11.28 19:00  週刊ポスト

秋篠宮夫妻が「傷だらけの公用車」に乗り続ける理由とは

秋篠宮夫妻の公用車のボディに目が行ってしまう…(55歳の誕生日を前に記者会見をされたとき、時事通信フォト)

55歳の誕生日に会見(時事通信フォト)

 緊張感をもって伝えられた眞子内親王の“結婚宣言”。小室圭氏との関係をめぐって距離ができてしまった秋篠宮家だが、眞子内親王を援護する姿勢を見せてきた佳子内親王がその親子関係を取り持っているという。

 11月20日には、赤坂御用地内にある「赤坂東邸」で、秋篠宮皇嗣の誕生日(11月30日)に発表される“お言葉”の収録が行われた。秋篠宮皇嗣は会見において、「2人に結婚の意思があるのなら、親として尊重する」という内容を話した。概ね、眞子内親王の決意に折れた印象だ。

 ただし、結婚へ向けて越えなければならないハードルはまだある。皇室担当記者が言う。

「皇嗣殿下は会見で『結婚に際しては国民の目に見えるかたちで説明しなければならない』という内容も話しています。これは小室氏との結婚に批判的な国民の声を意識してのものでしょう。

 女性皇族が結婚で皇室を離脱する際には、国から『一時金』が支払われる。内親王である眞子さまの場合、前例に倣えば約1億4000万円が支給されると言われています。しかし、ネットなどでは『400万円の借金も返さない家に、税金から1億を超えるカネを持って嫁入りするのか』という批判も見られます。

 皇嗣殿下の会見でも、『結婚と婚約は違う』という言葉が出た。

 その真意は測りかねますが、小室氏がこれまでのような対応を続けていたのでは、皇室として望ましいかたちでの結婚にたどり着くのは難しいという意味にも取れる。このままでは一般の結納にあたる『納采の儀』が従来のように行なわれるかも不透明です」

 たとえ結婚を認めても、金銭トラブルが解決しなければ、縁談は前進しないという指摘だ。

関連記事

トピックス