• TOP
  • スポーツ
  • 城之内邦雄氏(80)「今年の巨人はオフなし、練習の虫になれ」

スポーツ

2020.12.07 07:00  週刊ポスト

城之内邦雄氏(80)「今年の巨人はオフなし、練習の虫になれ」

往年の大投手・城之内邦雄氏が語る今の巨人に不足すること

往年の大投手・城之内邦雄氏が語る今の巨人に不足すること

 日本シリーズで2年連続の4連敗という屈辱を受けた巨人。その負けっぷりはあまりに寂しいものだったが、かつての巨人は日本一が当たり前だった。1965年から始まった巨人軍V9の前半を“エースのジョー”として支えた城之内邦雄氏(80)。1984年から20年間、スカウトとしても巨人に貢献してきた往年の大投手が指摘する、今の巨人に足りないものとは。

 * * *
 やはり野球はピッチャー次第。エースの菅野(智之)がホークス打線に力負けしていたのでは、勝ち目はないでしょう。ジャイアンツのピッチャーは球威がないのでコントロールで抑えようとするが、コースを狙い過ぎて小手先で投げている。だから、狙いを絞られ思い切り振られてしまう。中村(晃)に3球続けてスプリットを投げればそりゃホームランを打たれますよ。

 我々の時代は今のパ・リーグと同じで球威を頼りに投げていた。球威の違いは下半身のバネの違いです。こんなこというと“またか”と言われるが、当時はランニングの質と量がまったく違う。

 V9時代は元五輪選手で走りの専門家の鈴木章介さんをコーチに招き、春季キャンプや6月のミニキャンプで走り込んだ。ON(王貞治、長嶋茂雄)ですら調子が悪いと早出して走り込んでいた。ワンちゃん(王貞治)は100m走で14秒かかっていたのが、12秒台で走れるようになったと話していた。投球も打撃も、最後にモノを言うのは下半身の粘りです。

 キャッチャーの質も違った。当時はサイン盗みがあった時代で、金田(正一)さんはノーサインで投げていた。それでもV9時代に正捕手だった森(祇晶)さんは、どんな球をどこに投げても後逸しなかった。

 森さんはドンと真ん中に構え、すり足で少し動く程度でしたが、今の巨人のキャッチャーは内角、外角にドタバタしながら大きく移動して構える。正面で受けないと後逸が怖いからです。でもバッターは気配でコースを絞りやすくなる。

 川上(哲治)監督は森さんにバッティングを求めていなかった。キャッチャーは守りの要としてしっかり働いてくれればそれでいいのです。

 今のジャイアンツでは、大城(卓三)はキャッチングも悪くない。打撃を磨く前に、キャッチャーとして一人前になってもらいたいと思う。

 今年のジャイアンツにオフはない。練習の虫になってほしいですね。

※週刊ポスト2020年12月18日号

関連記事

トピックス