芸能

『姉ちゃんの恋人』林遣都の憑依的な演技を見るという愉悦

番組公式HPより

番組公式HPより

 芝居の強度、というスケールがあるとしたら、この作品は要注目である。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 コロナ禍の状況下、ドラマ界にも見過ごせない変化が。撮影延期やスタート日程の変更だけでなく、視聴の仕方そのものにも変化が生まれています。

 在宅時間が長くなりPC画面に向かうことが多くなった視聴者は、ネット配信動画で様々な海外ドラマに触れるように。たとえば第四次韓流ブームを牽引した『愛の不時着』『梨泰院クラス』『サイコでも大丈夫』の三作品はNetflixランキング(日本)で上位を独占し話題になりました。あるいは今注目を集めている英国ドラマ『ザ・クラウン』は、何と英国王室からクレームされるほどスキャンダラスな内容で反響を起こし注目されています。

 となれば視聴者も、ついつい比較してしまいがち。映像のクオリティ、かけられた費用、ロケ現場の数の多さ、回数の長さ……。以前にも増して日本のドラマに「物足りなさ」を感じてしまう人もいるかもしれません。

 そのせいなのか断定はできませんが、秋スタートのドラマの視聴率に「ある傾向性」が見てとれます。『この恋あたためますか』(TBS系)、『#リモラブ』(日本テレビ系)、『恋する母たち』(TBS系)、『35歳の少女』(日本テレビ系)といずれもスタート直後に視聴率がやや落ち、後は一桁台で安定。数字は伸びずしかし大きく落ち込みもせず、いわば「低空飛行」のパターンが続く。そんなドラマがズラリと並んで奇妙なほど。

『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系 火曜午後9時)も同様で、初回9.2%でスタートし、以降7%台あたりの数字をずっと持続しています。

 物語は、両親を事故で亡くし3人の弟を育て上げた“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子が主人公。有村架純さんが健気な姉を演じ、三人の弟たちは姉に懐いていて「姉ちゃん」「姉ちゃん」と、家族内でこれほど連呼するのか不思議なくらい仲が良い。「ほっとする世界」を好む視聴者がドラマを支えているのでしょう。

 桃子は同僚の真人に恋をしている。2人を温かく見守る弟たち。と、基本的なトーンはアットホームではありますが、しかしベテラン脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品ですから、単なる平和のままで終わるはずもない。あるいは意図的に、「超安定した姉弟関係」を強調して描いている、と思えるフシも。

 というのも、平和な姉弟たちとは対極的に、一筋の閃光のように緊張を走らせる「真人」が浮上してきたから。特に第6話の観覧車のシーンは、「衝撃的」「涙した」という感想も多く聞かれました。

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン