• TOP
  • 芸能
  • 杉良太郎らが特殊詐欺防止を訴える「コロナと同じくらい関心を」

芸能

2020.12.22 16:00  NEWSポストセブン

杉良太郎らが特殊詐欺防止を訴える「コロナと同じくらい関心を」

特殊詐欺撲滅を訴えた杉良太郎

特殊詐欺撲滅を訴えた杉良太郎

 警察庁による『ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~』プロジェクトチーム 決起集会2020が12月14日、東京港区の明治記念館で開催され、同チームのメンバーである杉良太郎、伍代夏子、飯豊まりえ、川栄李奈、城島茂、橘慶太(w-inds.)、秋元真夏(乃木坂46)、新内眞衣(乃木坂46)、松本利夫が出席。さらに、今回新たにメンバーに加わったAKB48から、向井地美音と武藤十夢が登場し、委嘱式が行われた。

『ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~』(略称:SOS47)は、全国の都道府県警察と連携し、特殊詐欺被害を防止するべく、広報活動を行うプロジェクト。被害が相次ぐ特殊詐欺の撲滅を呼びかけるため、2018年9月に発足し、杉、伍代、飯豊、川栄、城島、橘、乃木坂46、松本らがプロジェクトメンバーとして、特殊詐欺撲滅のための活動を行っている。

 特別防犯対策監を務める杉は、「特殊詐欺は手を変え品を変え、そのときそのときの情勢に合わせて行われます」「新型コロナウイルス対策と同じくらい、(詐欺被害)予防に関心をもってほしい」と、特殊詐欺にあわないように日頃から注意することの大切さを訴えた。

 一方、今回このプロジェクトに参加することとなった向井地は、「しっかり勉強し、詐欺の悪質さを理解しました」と、詐欺予防のための知識吸収に余念がない模様。さらに「私たちの大事なおじいちゃん、おばあちゃんたちを守っていけるように頑張りたい」と意気込みを述べた。

撮影/矢口和也

関連記事

トピックス