ライフ

コロナ感染者 ママ友に「無症状」と報告し、仲間はずれに

ママ友への情報公開は注意が必要(写真はイメージ)

ママ友への情報公開は注意が必要(写真はイメージ)

 万が一、新型コロナウイルスに感染してしまった場合、悩ましいのが「どこまで伝えるか」という問題だ。勤務先には報告すべきだろうが、「プライベートな人間関係」への対応は難しい。10月に感染した千葉県在住で、小学校6年生の息子を持つ40代パート主婦Aさんが言う。

「宿泊施設での療養になり、暇だったので、ママ友に『感染しちゃった。でも無症状です』とLINEしたんです。するとグループLINEで、『なぜもっと早く言わないの!』『いつから症状が出たのよ!』と大騒ぎに。

 保健所は『ママ友は濃厚接触者ではない』と判断したのですが、当人たちにすれば、『危うくうつされるところだった』『中学受験の追い込みの時期に感染するなんて、なんて意識の低いママだ』ということだったよう。退所以降、ママ友らとの関係が疎遠になり、ランチ会に呼ばれなくなりました。こんなことになるなら黙っておけばよかったと後悔しています」

 恋人との破局を恐れて感染を黙秘したのは、都内在住の30代女性会社員Bさん。

「感染がわかる直前、まだ恋人未満だった彼と食事に行きました。感染後に保健所から聞き取り調査されたとき、彼のことを話したら濃厚接触者になって、仕事にも影響が出て嫌われてしまうと思い、彼とのことは黙っていました。療養から復帰したら真実を打ち明けようと思っていたけど、『なんで、言わなかったのか』と責められるのが怖くなってやめました。そのことは墓場まで持っていくつもりです」

「食事をした程度の関係」ならば隠してもいいのか。新中野耳鼻咽喉科クリニック院長の陣内賢さんはいう。

「元気に会食ができている時点で参加者は『無症状』だったと考えられます。無症状者の感染はほぼ経路がたどれず、誰が誰に感染させたか不明なケースが多いので、会食した人に感染について直接伝えなかったとしても、後で『あなたにうつされた』と言われるのは筋違いです。ただし、感染拡大を防ぐため、保健所と当事者に包み隠さず話すことが当然であり、その上で後のことは、保健所の判断に委ねるべきです」

 自分が感染したとき以上に悩ましいのが、「親族が感染した」ケースだ。都内在住の40代パート主婦Cさんは義母が感染した。

「高齢なので会わないようにしていましたが、外せない要件で顔を合わせた直後に義母が感染。私は濃厚接触者ではないと判断されましたが、周りに知らせることが大事だと思い、学校や子供の塾に『実は義母が感染しまして』と連絡しました。それが大失敗で、あっという間に噂が町内を駆け巡って、ご近所さんから白い目で見られるようになり、塾からも『お子さんの通塾は控えてはいかがですか』と言われました。よかれと思ったのに、残念です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン