• TOP
  • 国際情報
  • チベット族青年がネットで人気に 中国政府のPR利用に懸念も

国際情報

2020.12.26 07:00  NEWSポストセブン

チベット族青年がネットで人気に 中国政府のPR利用に懸念も

チベット族の青年が美青年スターとして注目を集めている

チベット族の青年が美青年スターとして注目を集めている

 中国四川省のガンゼ・チベット族自治州に住む20歳のチベット族男性が、観光客が偶然撮影していた動画で人気に火が付き、地元の県(日本の市・郡に相当)の宣伝大使に任命されることになった。さらに、中国国営の中央テレビ局のインタビューを受けたことで一気にブレイク。いまや全中国で名前を知られる美青年スターとなり、地元を訪れる観光客が1か月で20%も増加するなど、大きな社会現象となっている。

 一方、同自治州の住民は大半がチベット族で、中国政府のチベット仏教弾圧政策に抗議して、チベット仏教僧が焼身自殺を繰り返しているほか、住民と警官隊の衝突もたびたび伝えられている。そういった状況の中で、地元ではこの美青年を反中キャンペーンに利用しようとの動きも一部には出ているという。

 スターとなったチベット族男性は丁真さん。同自治州理塘県に住んでおり、両親の農作業を手伝っている際、たまたま訪れた観光客がカメラを見つめながらゆっくりと歩き、微笑みかける丁さんの表情を撮影。この動画を投稿サイトにあげたところ、「野生的でありながら純粋だ」などとコメントが相次ぎ、270万を超える「いいね」がついたという。

 この人気に目をつけた理塘県政府は丁さんを観光大使に任命。「チベット族の伝統衣装を身にまとい、澄んだ瞳に、さわやかな笑顔で、馬を自由自在に操って大地を駆け巡る」というキャッチフレーズで売り出し、中国はもちろん、世界各国の中国大使館・総領事館などの公式YouTubeに配信している。

関連記事

トピックス