• TOP
  • 芸能
  • みな実、多部、LiSA…2020年を賑わせた芸能人の私服オーラ

芸能

2020.12.26 07:00  NEWSポストセブン

みな実、多部、LiSA…2020年を賑わせた芸能人の私服オーラ

白Tシャツも美しい

大胆な私服姿の田中みな実

 2020年、新型コロナ禍でもテレビやスクリーンを賑わすさまざまな話題作が登場し、世間を楽しませた。今年、そうした作品で注目を集めた“主役”たちの姿を都心でキャッチ。オーラ全開のプライベート姿とは?

 話題をさらったドラマの1つといえば、歌手の浜崎あゆみ(42才)の自伝を元にしたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。描かれた“禁断のストーリー”もさることながら、強烈な個性を持つキャラたちのシーンはSNS上でも毎回、拡散したほど。その一人を演じたのは、元TBSアナウンサーの田中みな実(34才)だ。

 作中で“曲者”を怪演した田中だが、私服姿もおしゃれでありながら大胆だ。白Tシャツに切れ込んだスリットのスカート姿や、ややビビットなワンピース姿など、夏の街でも存在感を放っていた。

「怪演で話題になった田中みな実さんは最近、キスシーンなども厭わないと発言していますし、女優として来年はさらなる活躍が期待されています。人気のドキュメンタリー番組が密着しているそうですし、まだまだ新たな魅力を見せてくれるでしょう」(スポーツ紙芸能記者)

柄物のマスクもよく似合っている

柄物のマスクもよく似合っている

 中年男性家政婦に20代のキャリアウーマンが恋をするストーリーで話題になった“わたナギ”こと『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で、不器用なヒロインを演じたのは多部未華子(31才)。そんな多部が夏のある日、大胆な私服姿で目撃された。

 ブラウンのタンクトップにややワイドなパンツを穿きこなし、百貨店で買い物を楽しんでいるがオーラを隠しきれていなかった。店内では共演歴もある女優・蒼井優(35才)に出くわし、談笑するという珍しい一幕も。ダーク系のマスクや帽子に、肩周りなどの美肌が一層際立っていた。

「これだけドラマが話題になっている最中にそのヒロインがほとんど変装もせずに買い物しているのは珍しいと思います。あまり飾らない多部さんらしさが表れているのかもしれません」(同)

関連記事

トピックス