芸能

室井滋×本木克英×柴田理恵 富山出身の3人が語る“富山人”の特徴

ああ

本木克英監督(中央)と室井滋(左)、柴田理恵が映画『大コメ騒動』を語る

 103年前の史実「米騒動」に基づいて、「家族の命を守りたい!」と立ち上がった富山県の女性たちの活躍を描いた映画『大コメ騒動』が1月8日から全国公開されている。同作に出演する室井滋さんと柴田理恵さん、そして本木克英監督という、富山出身の3人が語り合った。

〈1918(大正7)年に富山県の“おかか”が起こした「米騒動」を基にした映画『大コメ騒動』。富山の貧しい漁師町で高騰するコメの価格に我慢が限界に達したおかか=母たちが立ち上がる姿を描き、富山出身の本木克英監督を筆頭に、作品には富山ゆかりのキャストが集結。おかかたちのリーダー・清んさのおばばを室井滋、おかかと対立する米商店の女将・とみを左時枝、妹・きみを柴田理恵が演じ、立川志の輔、西村まさ彦、内浦純一らも顔を揃える〉

柴田:今回、富山の先輩である左さんの妹を演じながら、「私たち、顔が似ているなぁ」と思って(笑い)。頬骨や鼻の形が似ているし、うちのおばちゃんと左さんがそっくりなんですよ。きっと富山でも同じ系統の顔なんでしょうね。映画では裕福で身なりの整ったきれいな役でしたが、自分の性としてはおかか側だと思います(笑い)。おかかだったら、清んさのおばばの手下のようなポジションをぜひやってみたかったなぁ。

本木:冨樫真さんが演じてくださった、おばばの腰巾着役ですね。

室井:もしその役だったら、おばばがいじめてやったんに(ニヤリ)。

柴田:わはは! でもその関係性に喜びを見出す手下って、実際にもいるじゃないですか。強いリーダーにいじめられながらもしっかりついていく感じ、富山にはありますよね。

室井:うん、うん。

本木:婦人会的な制度というか、女性のネットワークの存在は、ぼく自身も幼い頃から肌身に感じていました。

柴田:姉の店がやり玉に挙がって新聞片手に「ねぇちゃん、ねぇちゃん!」と駆け込むあたり、きみにも腰巾着の要素は少なからずありましたけど。でも、とみときみも、昔は清んさのおばばと一緒で貧乏だったんですよ。それなのにいいところへ嫁に行ったもんだから、まるで自分たちが元からいいところの人だったような言い方をしてるんです。それがまた庶民だなと思っちゃう。

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン