• TOP
  • 国内
  • コンピューターおばあちゃん、夫の死にも苦労なし 計算済みの老後生活

国内

2021.01.09 07:00  女性セブン

コンピューターおばあちゃん、夫の死にも苦労なし 計算済みの老後生活

aa

知的でジェントルだった溝井喜久子さんの夫・秀昌さんは生前から妻に相続の勉強を進めていた(写真/溝井さん提供)

《考えなしの女は自分で自分の首を絞めていることに気づかない。考えなしの女は女の敵である》
《若い時に考えない人、年取ればなおも考えない》

 辛口のコメントをSNSでつぶやくのは、埼玉県在住の『コンピューターおばあちゃん』こと溝井喜久子さん(86才)。75才で始めたツイッターは歯に衣着せぬ人生の格言が老若男女から支持され、フォロワー数は8万8000人を超える。

 溝井さんは5年半前に50年以上連れ添った夫の秀昌さん(2015年7月逝去、享年81)を亡くしたが、夫の死によって苦労したことは全然ないと笑う。

「庭の手入れや家の仕事なども全部自分でこなせるし、友達が多いから寂しくもない。いまはコロナ禍のため、なかなか直接会えないけど、電話で話はできますからね」(溝井さん・以下同)

 お茶の水女子大学理学部出身の溝井さんは、「理系女子(リケジョ)」の走りだ。大学卒業後は高校の生物教師になったが、26才のときに見合い結婚すると、スパッと仕事をやめて家庭に入り、専業主婦をしながら勉強を続けた。

「結婚後、夫のすすめもあって実用に役立つ相続税法や会計学の勉強をしたんです。『女に学問はいらない』というのはバカな話だと思っていましたから、私は子供をおんぶしながら勉強していました。

 すべて独学でしたが、義父が亡くなったときも、夫を助けながら自分たちで相続税の申告を行いました。おかげで、夫が亡くなった後も、何をどうすればいいのか、どこへ行けばいいのか、税務署で何を聞けばいいのか、すべてわかっていました」

 葬儀の手続きも抜かりない。溝井さんは、夫とともに、毎月の積立金を払うと冠婚葬祭の儀式に対するサービスが受けられる「冠婚葬祭互助会」に加入していた。

関連記事

トピックス