• TOP
  • ビジネス
  • コロナ禍で「理高文低・国公立回帰」強まる大学受験 Fラン大の定員割れは減少

ビジネス

2021.01.16 07:00  NEWSポストセブン

コロナ禍で「理高文低・国公立回帰」強まる大学受験 Fラン大の定員割れは減少

コロナ不況で文系人気が低下する

 資格系の学部が人気化している背景には、コロナ禍における大手企業の業績悪化、リストラの加速、コロナ解雇の急増などがあると思われる。コロナ禍の直撃を受けた航空・観光関連をはじめ多くの人気企業が、大学生の就職人気ランキングで順位を大きく落としていることからも分かるように、不況時における若者たちの防衛意識が、「資格」へと走らせているのだろう。

 では、どんな学部が人気化しているのか。全体でいえば「理高文低」だという。文系では、公務員試験に強い法学部系。不況の影響を受けにくい安定した職業である公務員志望者が選ぶコースだ。

 理系ではICT関連が強い。テレワークの推進や地方のICTインフラ拡充の動き、AI導入の拡大などで、電子工学や情報工学の分野が人気となっている。そうした中、就職の面倒見がいい工科系大学に志願者が多く流れるのではないかとの見方が強い。

 逆に経済・経営、社会科学系はコロナ不況が続くとの見通しから人気は低下。インバウンド関連の衰退でグローバル系もこれまでのような人気は保てないのではないか、と見られている。

コスパも高い公立大学人気に拍車

 ここ数年、受験生の支持を集めている公立大学もさらに人気化する可能性がある。とりわけ地方の公立大学は、都会に比べコロナ感染のリスクが低いうえ、場合によっては自宅から通えるケースもある。さらに都会の私立大学に比べ授業料が安く、生活コストも低い。
全体的に定員が少ないので、教育環境も悪くない。地元密着だけに就職も安定している。

「文科省のまとめによると、2020年度の国立大学の志願倍率は3.9倍、公立大学は6.0倍でした。数年前に公立化した公立諏訪東京理科大学は、募集人員208人に対し志願者は2870人。志願倍率はじつに13.8倍と全国の国公立大学でトップ水準でした。

 大学のHPによると北海道から沖縄まで33都道府県から入学しています。今年の志願状況はこれからですが、推薦入試に限ってみると、情報応用工学科は50人の定員に対し121人が、機械電気工学科は50人に対し77人が志願しました。

 注目したいのは合格倍率が2.7倍だった情報応用工学科の地域枠の試験の最高点が、200点満点中184点となっていること。受験者の平均点は118点でした。地元の優秀な高校生が受験したということでしょう」(教育関係を取材するジャーナリスト)

関連記事

トピックス