• TOP
  • 芸能
  • 『知ってるワイフ』大倉忠義 “ダメ男”役がなぜ似合うのか

芸能

2021.01.21 16:00  NEWSポストセブン

『知ってるワイフ』大倉忠義 “ダメ男”役がなぜ似合うのか

広瀬アリス演じる“鬼嫁”に悩まされ…(時事通信フォト)

広瀬アリス演じる“鬼嫁”に悩まされ…(時事通信フォト)

 育児や家事に非協力的な夫に苛立つ妻、そんな妻の態度に悩む夫……。ドラマオタクのエッセイスト・小林久乃氏が、連続ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系、木曜夜10時〜)で大倉忠義(関ジャニ∞)が演じる役どころについて分析する。

 * * *
 関ジャニ∞の大倉忠義さんが主演する『知ってるワイフ』(フジテレビ系)が始まった。視聴率は一桁台(第二話は7%)と低調でも、放送中のSNSのトレンドワード入りは絶好調。1月7日の初回放送時は、夫(大倉)への不満を大爆発させる妻への共感ワードが溢れていた。日頃の家事、育児に忙しい主婦層が、猛烈な勢いでつぶやいているのがよーくわかった。

 ドラマで妻にやられっぱなしの大倉さんを見ながら「あれ……この雰囲気はどこかで見たような……?」と既視感を覚える。これまで見てきたドラマの記憶を掘り起こすと、彼はどうやら“ダメ男”を演じている回数が多いのだ。

妻に怒鳴られ、物を投げられる…イケメン臭はどこへ?

 今回の『知ってるワイフ』は韓国で放送されたドラマのリメイク版。銀行勤務、結婚5年目、二児の父親の剣崎元春(大倉)。ヒステリックな妻・澪(広瀬アリス)の罵声に怯えて、家庭では全く立場がない。そんな元春のところに「ある場所で使えば過去へ戻ることができる」という500円硬貨を手にした奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。元春は鬼嫁から離れて、新しい人生を進もうとタイムスリップを決行。こういう現実離れした設定は、いかにも韓流らしい。

 第一話で話題になったのは、出世できず家事もしない、家族への思いやりもない夫に向かって、不満を怒鳴り散らす澪の様子。これが主婦層には共感の嵐だったらしい。愛しているはずの旦那様のことを「おい!」と呼び、最終的にカニの足を元春にぶん投げていた澪。広瀬アリスの迫力ある鬼嫁ぶりは、夢でうなされそうなほどの剣幕だった。そんな妻に何も言い返すことができない夫は、ストレスを少しずつ自分の中に溜めていく。

「こ、これがジャニーズのトップアイドルか……」と見ながら笑ってしまう。大倉さんはグループ内で一番のイケメンと言われているうえに、身長も高い。しかもアイドルなのだから稼ぎも良し、と最優良の男性のはずなのに、元春役にはその影もなかった。でも彼の“ダメ男役歴”は、今作で始まったことではないのだ。

関連記事

トピックス