国内

「難関校離れ」進む首都圏中学受験 直前の出願状況と併願校探しの肝

併願校選び4つのパターンと対策

 ここからは東京、神奈川の受験当事者としての立場で考えてみよう。まず埼玉なり千葉なりで合格をつかんでいるかどうかで、併願校選びの比重の置き方が変わってくる。

(A)合格をつかんでいて、そこに進学することもあり→強気な併願校探し
(B)合格をつかんでいるが、そこは保険→挑戦と安全の両面作戦
(C)不合格だった→欲張らず安全策中心に
(D)埼玉も千葉も受けていない→オーソドックスに幅広く

 本番まで1週間を切っている時期なので、第一志望の出願はすでに終えているはずだ。

 Aなら、できれば行かせたいという学校にチャレンジしてもいいだろう。第二、第三志望も強気で選べる。

 Bの場合は、1 校くらいはチャレンジしてもいいが、学力相当校を2つくらい選びたい。確実な安全校も入れる。

 Cの場合は、子どもの性格、精神状態で異なるが、第一志望はそのままでも、2月1日に安全校を入れる。午前が第一志望なり本命校で変えられないなら、午後入試で易しい学校を選ぶ。ここで合格をつかめれば子どもの自信は回復し、2日以降強気で行ける。1日の合否によって変更できるようにダブル出願しておくといい。1日も不合格だと子どもはなかなか立ち直れない。1日夜に慌てて決めるのでなく、今から2日に絶対確実な学校を出願しておきたい。

 Dは、今立てている受験スケジュールを淡々とこなそう。

強気か、安全策か、併願校選びもじっくり考えたい

強気か、安全策か、併願校選びもじっくり考えたい

 これから現在の出願状況について述べていくのにこんなことを言って矛盾しているが、ここまできたら出願者数や倍率はあまり気にしないほうがいい。合格の難しさは、多くの場合、出願者数や倍率とはあまり関係ないからだ。出願者数が減ったり、倍率が下がったりしているのは、主としてチャレンジ層が出願を止めているからだ。

 ただ、新設校、共学化校、大きな改革をした学校、午後入試など新規の入試回などは予想偏差値と結果偏差値が大きく乖離することがある。そうしたケースではどの程度注目されているか、数字を気にしたい。

 次に、子どもの精神状態、体力なども案外大事。コロナ感染が心配で家に閉じこもりがちだが、人出の少ない外に連れ出して気分転換させて気力を充実させること。親もポジティブに過ごすこと。2月1日以降、連日午前・午後と受験し続けるだけの体力があるか(案外親のほうが弱音を吐くケースが多い)、今のうちに本人の意志と体力を見極めておきたい。

関連記事

トピックス