芸能

フジ永島優美アナ、新番組への思い「芯のある意見を持ちたい」

フジ永島優美がキャスターとして心掛けることは?

フジ永島優美がキャスターとして心掛けることは?

「あいうえお、いうえおあ」。永島優美アナウンサーの1日は早朝の発声練習から始まる。メインキャスターを務める朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で「元気に朝を迎えられるような明るい声を届けたい」と、朝一番に喉を温め、調子を整えている。

「私が小学生だった20年前、小島奈津子さんがメインキャスターの時代からずっと、朝は『めざましテレビ』を見ていて、放送を見れば楽しく元気に1日が始められました。私も、見てくださる皆さんに元気な朝を届けたい。

 中でも大切にしているのが、番組最後の『今日もよい1日をお過ごしください』というメッセージ。季節や天気、世の中の状況などで声色も微妙に変わりますし、台本の文字を“読む”のではなく、画面に映し出されるその日の空を見ながら、家族を送り出す気持ちで声をかけています」

 たったひと言だからこそ毎朝、新鮮な気持ちで伝える──。そう心がけて務めてきた『めざましテレビ』を離れ、春からは新ニュース情報番組『めざまし8』のメインキャスターに。『めざましテレビ』で扱ったニュースを深掘りし、独自の生活情報を伝える。

「30歳を迎える節目の年に、新たな挑戦の場へ。キャスターとして更に成長しなければと気を引き締めています。入社以来、私を育ててくれた番組を離れる寂しさもありますが、『めざましテレビ』卒業までの日々をより丁寧に過ごし、笑顔で駆け抜けたいです。

 これからは日々のニュースと向き合い、深く考える時間が増えると思います。世の中の様々な声をしっかり聞きながら大人の女性として芯のある意見を持ち、時には自分の感情を声にのせることも意識していきたいです」

【プロフィール】
永島優美(ながしま・ゆうみ)/1991年11月23日生まれ、兵庫県出身。関西学院大学卒業。2014年にフジテレビ入社。入社1年目より『めざましテレビ』情報キャスター、2016年よりメインキャスターを務める。現在の担当は『めざましテレビ』『ジャンクSPORTS』。3月29日からは新ニュース情報番組『めざまし8』(朝8時~)のメインキャスターに。

ヘア&メイク/エノモトマサノリ スタイリスト/設楽和代
撮影/熊谷貫 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス